ニコ生チャンネルを持っているうきょちの収益・月収を予測してみる

スポンサーリンク

すこし前に横山緑のチャンネル放送での収益を予想した。この横山緑のチャンネル放送での収益が予想できた一番の要因として、彼の放送でその時点でのチャンネル会員数が示されたということがある。これで多くのチャンネル放送を持っている生主の収益が予想できる。それは何故か?コミュニティ人数からチャンネルでの会員数を割合で出せば、ある程度チャンネル放送での収益が予想しやすいからだ。

そこで今回は何かとガードが高く、配信業でなんだかんだ成功しているプリンセス・ウーことうきょちのチャンネル放送での収益を予想してみる。

算出方法

これは独自に考えた算出方法で、それを踏まえた上で以下を読み進めて欲しい。

その算出方法とは対象となる生主のユーザーコミュニティの現在の人数から会員数を割り、コミュニティ人数をベースとしてチャンネル放送での会員数をパーセンテージから算出するといった具合。

例として、横山緑のユーザーコミュニティ暗黒放送Xで考えれば、現在(2017年9月9日)の暗黒放送Xのコミュニティ人数は64672人で、現在のチャンネルでの会員数は350人前後だと予想するが、それでは数字の根拠が弱いので、放送で示された319人を根拠にする。

となれば、319÷64672×100=0.493…となり、コミュニティ人数の約0.5%がチャンネルでの会員数となる。

もう一人かなりフェアで信頼できる会員数を公表した生主がいる。それが野田草履だ。

野田草履は2017年の7月の終わりで自身の放送でチャンネル放送会員数を公表した。それが319人だった。これは偶然か横山緑のチャンネル放送で示された会員数とほぼ同じだ。

で、現在(2017年9月9日)の野田草履のユーザーコミュニティ数は33715人だ。ここからチャンネル会員数を割り出すには

319÷33715×100=0.946….となり、コミュニティ人数の約1%がチャンネルでの会員数となる。

余談だが、石川典行というニコ生でたまーに放送する配信者がいる。彼は過去、チャンネル放送を持っていたが、ちょっとした事件で凍結された。この時ネットではチャンネルの会員数が1500人とか言われていた。その当時のユーザーコミュニティ数が何人かは定かでないが、今現在15181人であり、ユーザーコミュニティから約10%がチャンネルでの会員数に登録していた。ということになる。

これはあまりにも上記の二人の会員数のパーセンテージから逸脱しているので、あまり信用していない。石川典行の放送は面白いし好きだが、それでも数字から見ると人気や面白さと会員数の割合が比例しない。なので、せいぜいよくても、その当時の会員数の3%が会員数だったのでは?と予想している。

うちょきのチャンネル放送での収益を予想

[訳あり] 天馬 馬刺し たっぷり500g [タレ5Pつき]

ここでは上記の野田草履と横山緑の会員数の割合を根拠にするので、多くのチャンネル放送の会員数はユーザーコミュニティの0.5%から1%だと考えている。(個人的な目測としては上は2%程度までは考慮している。)

で、うきょちのチャンネル放送の収益を予想すると

現在(2017年9月9日)のうきょちのユーザーコミュニティ数は71949人である。これに0.5%と1%の割合で計算する。すると

71949(全体数)×0.05(割合)=359(チャンネル会員数)
71949(全体数)×0.1(割合)=720(チャンネル会員数)

である。

これに一人あたりの収益を掛ければいいので

323(1人あたりの収益)×359(会員数)=115.957円(1ヶ月当たりの収益)
323(1人あたりの収益)×720(会員数)=232.560円(1ヶ月当たりの収益)

となる。

うちょきに関しては本職の会社勤めを辞めて配信で稼ぐ方向に移行した。配信で喰っていくと考えた場合、359人の計算では生活にならないので、ワイは最低720人の会員数が最低ラインだと考えている。

加えて、うきょちに関しては上記2人よりはイメージは良いし、その割合も少し増しては良いとは思う。(とはいっても、ユーザーコミュニティ数の2%が上限だと思う。10%なんてのは流石のうきょちでも無い)

何故こんな事考えるの?

こんな事考えるのは趣味や暇つぶしだが、1番はうちょちの放送の質に対して、予想している最低ラインの収益は割りに合ってないなーって事だ。(上記の予想が近かった場合)配信でこんなに稼ぎやがってなんていう嫉妬はこれっぽっちもない。

彼女の放送は今やスポンサーがつくまでの商品だし、放送時間も考えれば、もう少し貰っていてもいいはずだ。結局は、運営の約35%の中抜き料が大きすぎるのだと思う。中抜きを無くせとまでは言わないが、その割はやはり少し高いと思う。もしくは、うきょちは自身のチャンネル放送の値段を値上げしても良いとは思う。(途中からの値上げが可能なのか分からないが)

別に彼女のチャンネル会員はチャンネル課金という高い壁を乗り越えてまでも、うきょちを支援したいとか放送を観たいと考えている人々なので、少々値上がりしても会員やめるなんていう人は少ないはずだ。あそこの放送はそれだけ生主とリスナーの信頼があるのだから。

とまぁー値上げにしろ何にしろ、こんなことはうーちゃんの決めることだが、配信で生活している以上、正当な労働には正当な評価と正当な対価がない限り、いつまで経っても面白い配信者が出てこないと思うし、訳のわからない電波芸者が名を馳せるばかりだと思っている。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする