クロームキャスト等のデジタルメディアレシーバーはマストアイテム

スポンサーリンク

お父さん・お母さん世代がニコニコで育った様に、その下の世代はYouTubeで育っている。今は親世代で人気だったニコニコの人達がYouTubeに移籍していって、結局どの世代もYouTubeに統合され始めているのでは?なんて思う。

今後は家族でYouTubeなりYouTubeLiveを観るなんていう日も来るだろうし、そうなれば、必ず家族を繋ぐものや家族の話題として配信や動画の事が話されると思う。つまり、配信や動画は従来の1人でPCの前やスマホで観るものではなく、今後はTVの大画面で家族で観るというスタイルが構築されると思う。

家族を繋ぐ動画と共有のクロームキャスト

ワイは家族持ちで子供もいる。昔は自室で1人の時間をニコ生やYouTubeに費やしていたが、現在はそうもいかない。どうしても家族の為の時間とかそういう時間を費やしているわけで、中々配信や動画を観れない現状がある。

そういう時間を費やしている時に「あー配信を観たい。○○しながら動画を観たい」なんて思った時、ずっと前に買ったクロームキャストを思い出した。

「お!これなら、リビングに居ながら動画と配信見れるじゃん!」なんて思って、早速、家族と共にリビングで配信を視聴。まさに「○○しながら動画・配信をリビングで観る」には最適なアイテムで今となっては、これなしで生活できない。

写真のクロームキャストは初代のクロームキャストだが、音飛びとかカクカクすることもなくスムーズに視聴が出来る。今はクロームキャスト2になっており、スペックも形も良くなっている。何より4Kテレビでも再生出来るなんて素晴らしいと思う。

Google Chromecast Ultra

価格:9,720円
(2018/5/4 22:46時点)
感想(42件)


クロームキャストは特にYouTubeとの相性は抜群で、今後は様々な家庭でこれを使って家族みんなでYouTubeや動画を観る日も来ると思う。(一応、YouTubeはグーグルの傘下だし相性が悪いなんてないと思う)接続やセットアップも簡単で操作もスマホ同様に直感で出来る。特に難しいことはなく、本当にテレビのHDMI端子に繋いでWi-Fiに繋ぐだけで使える。

1つの動画を皆で観るなんていうのは、同じ家族と言えども、趣味嗜好の違いがあるので、違和感があるが、TVだってそんなもんなのだから、いつしかそれに慣れると思っている。

HDMIポートが足りない!という人に

クロームキャストを使いたいけど、TVにHDMIポートが1つしか無い!もう既にDVDが接続されている!ゲーム機が接続されている!という人もいるかもしれない。実際ワイがそうで、こんな形で対応している。

所謂HDMIセレクターで、これ1つあればDVD、ゲーム、クロームキャスト等が全て繋げられる。毎回差し替える必要はないし、ボタン一つで入力を切り替えれるので、使用している中で一手間省けるのが楽でしょうがない。もし、これがなければ・・・なんて考えたら、結構面倒くさいよな。なんて思う。

色んな動画配信サービスにも対応

このクロームキャストは何もYouTubeやブラウザのキャストだけがメインではない。今躍進している動画配信サービスのHuluU-NEXTにも対応しているので、一家に一個の時代が来るかもしれない。色々調べて観ると分かると思うが、色々なデジタルメディアレシーバーがあってどれが良いか分からないという人には、グーグルのクロームキャストが一番おすすめだと思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする