ニコ生チャンネルを持っている横山緑の収益・月収・年収を予測してみる

スポンサーリンク

ニコ生ユーザーやリスナーであれば、一度は耳にしたことがあるチャンネル放送。ある生主がチャンネル放送を持っており、その生主が好きで放送を全て観たい、余すこと無く観たいというリスナーはそのチャンネルに入会し、毎月、定額を課金するというシステムだ。

2013年12月まではチャンネル放送は企業や有名人だけの物だったが、12月9日から個人ユーザーにもチャンネル枠を開放した。第1弾は誰が取るのか、誰が通過するのかでもちきりだった。この時は約43000人が参加を希望したが、チャンネル取得できたのは17名だった。今は懐かしいが力也という生主がチャンネル放送を獲得し、それはそれで話題になった。

その後の第2弾で百花繚乱やオロナインと同じく暗黒放送の横山緑が暗黒黙示録というチャンネルを獲得した。その後のエントリー制でNERやまことやうきょち等の有名生主がチャンネルを獲得した。石川典行もチャンネル放送を持っていたが、規約違反で運営削除のペナルティをくらった。しかし、2017年4月には再度取得している。

チャンネル放送収益の構造

ニコニコ大百科をみると、チャンネル生主はユーザーが課金した金額からまず、事務手数料の14%消費税8%が引かれた額の83%が自身の利益となり、31%が手数料や中抜き、ロイヤリティとして抜かれている。要するに、チャンネル登録料が500円(税抜き)の場合、500円から事務手数料と消費税を引いて390円、この390円のうちの83%の約323円がその生主の収入となるわけだ。ユーザーが課金した金額で鑑みれば、約64.7%がその生主のチャンネル放送の取り分となるわけだ。

個人的な感想だが、約35%の中抜き料とは少々エグい気もする。ワイもこういうロイヤリティのある業界で働いているのだが、ワイの業界では35%は多すぎると考えるだろう。別にそこら辺はニコ生運営とチャンネル生主が双方納得しているから良いとも思うが・・・。


横山緑のチャンネルでの月の収益は?

彼のチャンネル課金金額は月額1000円(税込み1080円)である。上記の計算で行けば、チャンネル会員一人あたりの収益が647円となる。そして、この647×会員数=月の収益となるわけだ。

直近の放送で幸か不幸かとある中学生リスナーが放送で8月中旬頃に会員数を発表した。それが319人だった。となれば、一人あたりの収益647円×会員数319人=206.393円となり、横山緑及び中の人はチャンネル放送だけで206.393円の収益をあげていることになる。

この数字は24時間ウォーキング前の金額であり、24時間ウォーキングではそこそこの人数がチャンネル放送の会員に登録していた。ここからは予測だが、あの放送で多くて30人入会したとして、647円×350=226.450円前後が今月の収益となるだろう。この数字は一ヶ月の数字であり、チャンネル放送での1年の収益はこれに12を掛ければいいので226.450×12=2.717.400円前後がチャンネル放送での収益だと予想している。

チャンネル放送での収益の今後

横山緑の過去の会員数は多くて470人くらいだった。直近、入会禁止処置があったので、今後コツコツと放送すればニコ生の衰退を考えても400人くらいは会員数を持ち直せると思う。

これが横山緑にとって良い額なのか悪い額なのか分からないが、他の公式放送の出演だイベンだの収益もあるので食うに困らないとは思う。

ネットで20万近く稼げるのは才能とか努力だ。横山緑はそれが出来る人なので是非多くの生主の道標になってほしい。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする