ニコ生のガラスの天井

スポンサーリンク

ワイはニコ生の匿名の文化というのが嫌いでもあり好きでもあります。それは散々書いてきたように、好きな点は新規参入がしやすいというのをはじめとして、気兼ねなくコメントを打てる点もあるでしょう。嫌いな点としては、気兼ねなくコメントを打てるがために、放送の空気や配信者のキャラクターによって、”何でもあり”な傾向にあることです。しかし、”何でもあり”なのは確かなのですが、それでもコメントにおいてのガラスの天井や鬱陶しい規制があるのも事実です。

コメントのガラスの天井

業界裏用語辞典

“何でもあり”なコメントでもNGワードが存在します。それが馬鹿とかブスとかクソとかシネとかそっち系の攻撃的なワードです。こういうネガティブワードはシステムで弾かれて、NGワードとして表示されます。それは長年のユーザーは既に知っている事で、その網にかからない、かつ、配信者を攻撃をするために現状は、bsとかksとか4ねという隠語の形でコメントしているのが現状です。

実に凄い方法だと思うのですが、それでは良くも悪くも匿名の意味がないように思えます。匿名は本来、良いか悪いかは別にし、かつ、モラルを考えないのであれば、何でもかける事が利点でもあります。しかし、ニコ生のコメントでは、上記の言葉はシステムで弾かれており、ある意味では、匿名のメリットを活かせてないのがあります。攻撃的な言葉が決して良いとは言うのではなく、匿名のメリットを活かせてないというのがあり、攻撃的な言葉をダイレクトに書けないのは、ニコ生のガラスの天井です。しかし、隠語によって攻撃が出来るので、正直形骸化したガラスの天井というのが現状でしょう。

また、このガラスの天井は、コメントを打つ側も凄い鬱陶しいです。普通に打てる文字であるにもかかわらず、このガラスの天井をすり抜けるために、ひと手間があります。つまり、ブスとかけるところをわざわざbsと書く時、そういう網をくぐり抜ける思考をしなければならないので、手間がかかります。これは、コメントを打つ上で弊害になりますし、そういう攻撃的な言葉をかけないので、結局、他の匿名のサイトでその憂さ晴らしをする人もいるでしょう。

ひょっとしたら、そのほかのサイトで攻撃的な言葉を書くがために、ニコ生を離れるようであれば、結局、ニコ生の匿名の意味がないようにも思えますし、ある意味ではユーザービリティみたいのが、低いのかも知れません。

NGワードの緩和

ということで、ワイは現状ニコ生のサイト上でのNGワードは正直多いし、ユーザービリティも悪いので、NGワードの緩和してほしいとは思います。って、別に形骸化しているものを必死こいて守る必要もないですし、仮に、規制が厳しすぎるがゆえに、観る側が他にいくようであるならば、結局はリスナーの母体を減らしているのかも知れません。もしくは、配信者側がリスナーが本当は何を思っているのか、裏では何をどう考えているのかを知るために、他のサイトを閲覧しているようでは、匿名コメントの意味がないでしょう。

これを緩和することによって、生主側は今よりもダイレクトな言葉で攻められる可能性があるのは大です。そこの塩梅をどう取るのかは難しいところなのかもしれませんが、中途半端に規制があるニコ生の匿名コメントやシステムは、匿名をフルに活かしてないのもあると思っています。

良くも悪くも匿名のオイシイ部分だけを使いたいのがニコ生のコメントのコアなのかもしれませんが、他の配信サイトの登場だったり、コメントや儲けてあるNGワードの関係で、現状、どっちつかずなのが、ニコ生が劇的に変われない理由であるのかもしれません。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする