ニコ生はオワコンなのか?

スポンサーリンク

ちょっと前(約1年前くらい?)からニコ生がオワコンとかそんな話題が色んな放送の話題になっていた。まぁー確かに大手の生主のコミュレベルが下がったり(これはコミュメンバーがプレミアム会員を辞めた事が大きい)、放送数も全盛期の3分の1とかになっているので、オワコンと言われても否定はできないと思う。

ただ、ワイとしては

「本当にオワコンなのか?別に今でもニコ生にも面白い配信者はゴマンといるし、頭角を現しているじゃん。何故オワコンなんて感じるの?」

なんて思ったので、そこら辺の事を書いてみる。

オワコンの原因

少し話を脱線させるが、そもそも何故オワコンになったなんて感じるのだろうか?

そう言われる原因はワイよりも頭の良い人達が色々書いている。やれ、ドワンゴが体たらくとか配信が金にならないとか配信するのに金を取るのはおかしい(プレミアム会員しか放送できない)とかユーザービリティが最悪等々。

どれもそうだと思うが、ワイとしてはただ単に匿名文化が衰退していった結果がオワコンなんて言われる要因だと思っている。その背景にはフェイスブック等の実名制のサイトの躍進が大きいだろうし、また、匿名の副産物として誹謗中傷はつきもので、これが「怖い」と思うこれからネットを使う人達は当然そんなサイトに寄り付かない。

まぁーそんなこんなで新規の利用者が増えず、(フェイスブックやツイッターに流れて)新規参入者が増えない事によって、利用者数が増えずにオワコンなんて言われる、感じる原因なったと思う。要は昔ほどの勢いがないからそう言われる訳だ。

ちなみに、他のサイトは配信するのも普通に観るのも無料にもかかわらず、ニコニコがプレミアム会員のシステム(利用者から使用料を徴収する)を辞めないのは、匿名の使用料とコストを利用者達で支払って下さい。という事を意味していると思っている。それだけ、匿名というのはお金儲けや会社を存続させていく上で割に合わないし、コストなのだろう。

要は会社として匿名というサービスを提供する代わりに、色々な収入源を絶っているし、そのツケをユーザーに払わしていると思っている。

見世物小屋の終焉

話が逸れたが、今も十分に観てて楽しい配信者はいる。配信でよく笑うとか自分の素を曝け出すといった具合だ。裏表が薄く、今風に言えば陽キャラというやつで、まさにそこには1人の人間が配信しているといった感じで、昔からこういう性質の配信者は多くいたし、ワイもどちらかと言えば、こういうタイプの配信者を好んで観ている。

他方、ちょっと前の面白い配信者とか話題になった配信者は便宜上書き記せば、陰キャラというやつだろう。現代の見世物小屋的な配信者で、そんな彼等の”痛い具合”を楽しんでいたと思う。

しかし、今は社会的な潮流もあり、前者の配信者の方が好まれてるから勢いがあるわけで、後者の勢いが落ちて、そういう”古き良き時代”が終わろうとしているから、オワコンなんて言われるのではないだろうか?結局、この陽キャラの配信が楽しめないとかペースについて行けないから、オワコンと感じるのでは?なんて思う。

もう、一昔前のような見世物小屋見学を面白いと感じるのを辞めて、陽キャラがキャッキャッ言ってるのを観て愉しめば、ニコ生がオワコンなんて思わないはずだ。

そして、ニコ生のプレミアム会員が減ったり、コミュレベルが下がったりしたのも、そういう見世物小屋的な意味で利用していたユーザーが居なくなっただけで、所謂、”健全なサイト”になろうとしている過程なのではないかとワイは思っている。

ニコ生はオワコンなんて言われているが、実はこれからニコ生Ver2.0が始まると思っており、ワイはワクワクしている。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする