ニコ生主のキャリアと各配信サイトとの関係

スポンサーリンク

近年、配信サイトが数多く誕生したことで、生主のキャリアや価値というのが配信サイトを通して浮き彫りになったと思っている。きっと多くのリスナーも配信者の動向を追いかける1つの理由として、その生主の価値を移行した配信サイトと照らし合わせているという事もあるかもしれない。つまり、生主は何故他の配信サイトに移行したのか?それが生主としてのキャリアアップなのか?キャリアダウンなのか?という視点も踏まえながら観ていると思う。なので、ワイが勝手に思う生主のキャリアと各配信サイトとの関係性を書いてみようと思う。

キャリアアップとしての配信サイト

Video For Youtube

生主として配信でのキャリアアップの役割を果たしている配信サイトはYouTubeLiveだと思う。肩書的には生主→YouTuberとなることだろう。やはり天下のYouTubeということで、ニコ生には居ない視聴者層を求めたり、新しい活動を求めて移行や同時配信をしていると思う。(中にはタイムシフトの役割もある)生主はどうしてもニコ生だけのパイだと天井があるのを知っているんだろうし、ともかくニコ生だけに籠もらず新たな層を取ろうとしていると感じた時、応援しようと思う。

ちなみに何故YouTubeLiveが配信でのキャリアアップの位置に存在しているのか定かではないが、おそらく潜在的にユーザー数の多さ、YouTubeというサイトの信頼性、収益の作りやすさというこれらの観点でニコ生より優れているから、キャリアアップとしての位置にいるんだと思う。実際、配信の部類の中ではYouTubeだけがニコ生よりアクセスランキングが上だ。(similarweb)また、ワイが個人的に予想していることが今後はキャリアアップのサイトとしてSHOWROOMとTwitchもこの部類に入るのでは?と思っている。

ここで興味を引くのがYouTubeでチャンネル登録はしたものの、その後伸びない生主達だ。ニコ生からリスナーを引っ張ってきたは良いものの、YouTubeでYouTubeのユーザーを開拓できていないところをみると、YouTubeというフィールドには合わない生主だとワイは勝手に思っているし、生主自身も合わないという事も察しているのだと思う。この場合、キャリアの形成に苦戦しているわけで、一般的に言えば新しい職場に馴染めないとか新しいやり方に苦戦しているとかそういうのと同類だと思っている。

キャリアダウンとしての配信サイト

他方、生主としてのキャリアダウンの配信サイトにはふわ○ちとかツイキ○スとかになるだろう。ふわ○ちに関しては生主としてイメージの良くない配信者が行き場がなく、結局そこにたどり着いたという具合だし、ツイキ○スに関しては過去のニコ生に居場所を無くした配信者の受け皿として機能していたという側面がある。(ワイはツイキ○スはニコ生より健全なサイトだとは思う)

ふわ○ちで少し不遇だと感じるのが、そういうキャリアの形成を失敗した生主を引き受けて、ニコ生リスナーから見たら、サイトに良い印象を持たれないことだ。別に配信サイトや投げ銭自体に罪はないが、どうしても”そういう目”で見られてしまうのはとてもマイナスでしか無いと思う。別に、配信者も会社も稼げているから良いのだろうけれども、先があるか?と言われれば厳しいところもあるだろう。

こういうキャリアダウンの生主を観るたびに小沢一郎という政治家を思い出す。

最初は自民党の田中角栄派で幸先いいスタートをし、一時は内閣官房副長官や党幹事長というところまで努めたが、その後は政局を優先したがために結党や分裂、離党を繰り返し、今となっては泡沫政党の共同代表だ。

別に小沢一郎氏がそれでも政治家であるようにキャリアダウンをした生主はそれでも配信者であるから良いのかもしれないけど、そのうち話題にもならなくなるのでは?とは思う。

最後に

ここまで好き勝手に色々書いてきたが、一番良い配信者としてのキャリアはYouTubeとかニコ生だとかふわ○ちだとかそういうサイトにこだわらずに、どこでも配信することだと思う。逆に一番恐ろしいのがサイトにこだわって同じ配信サイトでしか配信しないことだと思う。

配信サイトで配信するにあたって、現実の会社の面接みたく、履歴書が必要とか面接があるとかそういうハードルがないし、配信者自身が配信サイトを自由に選べるというアドバンテージがあるのだから、それを思う存分使えばいいと思う。なんだかんだ配信者の一番の武器はサイトの流動性なのは確かだと思うし、配信者としての一番のキャリアダウンは同じサイトにずっと留まることだと思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする