リスナーをいちばん大切にしている配信者は誰?

スポンサーリンク

ニコ生には大きく分けて雑談配信者とゲーム配信者がいます。雑談配信者で有名な所は横山緑とか七原くんでしょう。ゲーム配信者では、うきょちとかジャンクマンでしょう。ワイの放送生息域はこれらの人達が多いのですが、圧倒的に自分の放送や自分がしたい放送をしているのは、ゲーム配信者だと思っています。

なぜ、ゲーム配信者が自分の放送をしているのか、出来るのか、リスナーを大切にするのか?逆に雑談系配信者はなぜリスナーを大切にしないのか、自分の放送を出来ないのかをそれとな~く考えてみます。

配信ネタに困らない

ゲーム配信者はゲームがこの世からなくならない限り、配信向き、不向きがあるにしても配信ネタに困りません。ネタ元がはっきりしている以上、今日は何話そうとか悩む必要はないのは明白で、ゲームさえあれば、如何様にでもなります。

逆に、雑談系配信者というのは年数や回数を重ねる毎に配信ネタがなくなります。とれば、配信ネタを求めて、他の生主の話題やニコ生界隈の話に首突っ込んだり、他の生主と絡んだりすることになります。この状態に陥ったら、リスナーと遊ぶ、リスナーと話すという考えがどんどんなくなっていきます。これが雑談系配信者がリスナーから離れていく1つの理由だと思っています。また、雑談系配信者は皆が皆ではないですが、ごく一部の生主が社会に疎いという側面もあるので、雑談できないという側面もあります。そもそも論として、普通の人が雑談するなんて、関西人くらいの話芸がなければ成立しないでしょう。


※写真はイメージです

リスナーがいないと攻略できない

ゲーム配信者は全員が全員とは言わないですが、リスナーのアドバイスやコメントによってゲームを進めたりする側面もあります。否が応でもゲームを攻略(目標を達成)するために、リスナーと向き合わなければならないし、コメントを見なければゲームが詰むし、同時にコメント稼いだり放送が盛り上がる部分でもあるのは明白です。

他方、雑談系配信者はやれあの生主はどうだとか配信界の事件の話だったり、コラボやプロレスが大好きです。となれば、リスナーと話しているようで話していないなーなんて思います。もっと詳しく言うと、リスナーと目的を共有するという点ではゲーム配信者に劣るでしょう。雑談という配信は、しっかりとした自分の配信スタイルがなければ、ニコ生というサイトや文化に喰われるます。なにせ、相手は匿名ですから。多くのリスナーを満足させている生主ってのは本当に凄いと思うし、それが出来る雑談系配信者は凄いということになる。

他の配信の話をしたがらない

ゲーム配信者に結構共通しているのが他の配信者の話題をしない事。これは自分のリスナーが一番で他の名前出して、そっちにいかれるという嫉妬心も有ると予想するのですが、他の配信で自分所のリスナーが自分の名前を出して迷惑かけるのを凄く警戒しているのだと思います。

こういう心情の背景には、昨今の荒らし誘導だなんだを警戒しているのだと思うし、なんだかんだ節度やマナーを重んじているのかもしれません。マナーを守ることによって、ゲーム配信者としての”何か”を守りたいのだと思うし、雑談系配信者はその何かをとっくに捨てている。

この”何か”をまだ持っているか、捨てているかがゲーム配信と雑談系配信者の配信者としてのレベルだと考えており、逆に、自分と放送スタイルが似ているような生主や一目置いている生主の名前は好意的な雰囲気で名前を出す。これはある種の信頼関係があるのだと思います。

ともかく、ゲーム配信者達は雑談系配信者のようにリスナーの受け渡しや移動を自身から進んでやるようなことはしていません。

そもそも、ゲーム配信者程、雑談をしている配信者はいないというのがワイの考えで、雑談とはとりとめのない、他愛も無い話をすることであり、ゲーム配信者は放送がダレた時に、この雑談をうまく食い込ませるているし、話が面白いです。

他方、雑談系配信者の多くは、ニコ生内の人間関係や金の話が大好きです。これらも雑談という括りというなら、そうなのかもしれないですが、結局やっていることは実社会にある妬みや嫉妬をそのまんまネットで吐き出しているだけでしょう。

それでも良いかも知れないですが、そうゆう体たらくだから、雑談系配信者がつまらないなんて思われるんじゃないかとも思います・・・。

最後に・・・

最近は七原くんという凄い勢いのある生主がいます。七原くんをどういう括りの生主と捉えるか分からないが、このまま七原くんらしい、自身が楽しんでいる放送をしていれば、雑談系生主のパワーバランスは変わると思うし、リスナーや配信としっかり向き合う七原くんみたいな勢力がどんどん出てきて欲しい。そうすれば、ニコ生や雑談系配信者も少しは右肩上がりになるかもしれないですね。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする