ニコ生の利用規約改定で突然のニコ生終了も今後起こりえます

スポンサーリンク

本日、なにかとお騒がせの横山緑の放送を観ていると、ニコ生の利用規約に当サービス(ニコ生)が突然終了する場合もあります。というような条項も記載されたと放送で言っていた。調べてみると確かに追記されていた。ワイはてっきり放送がグダグダなので、そういう嘘をついて放送を盛り上げようと考えての発言と思ったのだが、そうではなかった。こちらのniconico規約をみると

7 免責事項

運営会社は、「niconico」に掲載される情報の正確性、合法性、道徳性、最新性、適切性等について何ら保証するものではありません。

また、運営会社は、事前の予告なく任意の理由でサービス提供を中断・停止する場合があります。運営会社は、利用者が「niconico」を利用したこと若しくは利用できないこと、又は「niconico」からのリンク先を利用したこと若しくは利用できないことによって利用者に生じた損害、本利用規約の条項のいずれかに利用者又は他の利用者が違反したことに起因又は関連して利用者に生じた損害、及び、前項に規定する運営会社による対応に起因又は関連して利用者に生じた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。また、「niconico」の利用により発生した通信料について利用者と通信会社との間で争いが生じた場合も、運営会社は、当該紛争について一切責任を負わないものとします。

ただし、利用者の居住されている国において、消費者保護法ないしそれに類する法律により、利用者が保護される強行規定が存在する場合には、これを否定するものではありません。


8 サービスの変更および終了

運営会社は、運営会社の都合により、提供するサービスの内容を変更し又は提供を終了することができます。運営会社がサービスの提供を終了する場合、運営会社は原則として利用者に対して、「niconico」のウェブサイト上において事前に通知又は公表します。

運営会社は、提供するサービスの内容を変更又は提供を終了したことに起因して利用者が損害を被ったとしても一切責任を負いません。

上記の様に確かに追記されていた。

ニコ生が終了したら生主はどこにいく?

赤字の部分が主に新しく追加されたものであり、これを読む限り、確かに事前告知後、サービスが終了する可能性がある。純利益・経常利益は黒なのにも関わらず、終了する可能性があるのはユーザーとしては残念としか言いようがない。何にしろ、終わることを考えているというのは懸命な判断とも思うが、ユーザーやリスナーとしての問題はそこではない。もし、本当に終わる事になれば、数いる生主はどこで配信するのか?ということだ。

おそらく、収益を考えず、まったり放送したい・趣味としての配信をしたい生主はツイキャスかラインライブの様な視聴者が記名制のサイトに行くだろうし、収益を考えるならふわっちだし、ゲーム配信者はYouTubeかTwitchに流れると思う。ニコ生は放送規約に違反した場合のペナルティは緩い。その恩恵が今までの繁栄につながった要因でもあるが、現状、ニコ生の様にルールがゆるい配信サイトがないので、生主自身が望む放送が出来る配信サイトに散るだろう。

ニコ生には多様性がある。雑談配信、ゲーム配信、やってみた配信等々・・・。仮にニコ生が終わっても、こういう1つのサイトで様々な種類の配信が観れるサイトができればいいし、その時は是非匿名とお別れして欲しいとは思う。ニコ生の衰退は匿名が一番の原因だと思うから。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする