ニコ生の衰退は匿名の衰退。他に行く配信者達が感じている4つの事(前編)

スポンサーリンク

今日もまたまた雨でした。全国的に雨とのことで今日は福岡・大分・島根辺りは大雨特別警報ってのが出たみたいです。この大雨特別警報というには警報の一種ですが、警報の発表基準をはるかに超える規模で起きる甚大な災害、被害が発生する恐れがある場合に適用されるとのことです。

やはり、梅雨時期は大きな災害がありましたね。近年の梅雨時期はその傾向がありますから。梅雨時期は梅雨明けが公の機関から発表されようが、本当の意味での終わりは大きな被害があってからですね。いやー注意が必要ですし、油断大敵です。

ニコ生主が他配信サイトへ移動。そのワケ(理由)は?

最近、多くの生主や有名生主が他配信サイト(ふわっち、ツイキャス、youtubelive等)でも配信をしている。まぁー今まではニコ生で暴れまくって、ニコ生で永久アカウント凍結を受けたような人達が他配信サイトに配信を行っていた。要するにニコ生以外の最新サイトは避難所ということだった。しかし、現在、他サイトでも配信している人達はそういうワケでもない。

わいが思うに4つのワケがあると思う。

  1. ニコ生のリスナー自体が減った
  2. 匿名サイト特有の攻撃性に飽きた・慣れてない
  3. そもそもネットの匿名文化が衰退して記名文化が主流になっている。
  4. マネタイズし難い

わいはこれらに気付いている・敬遠する生主達が他配信サイトに移動していると考えている。

以下に詳細を書いていく。

ニコ生のリスナー自体が減った

5、6年前までは配信サイトと言えばニコ生だった。が、その後、ツイキャスだFC2ライブ等々出現した。今となってはユーチューブが生配信サイトを開始した具合だ。これによってユーザー(リスナー)が分散して、それに合わせて、生主達も他サイトに移動しているという具合だろう。

ニコ生大好きなワイとして、ニコ生リスナーが減る分には別に関係者ではないので構わないだが、一番困るのはプレミアム会員が増えないことだ。ニコ生はコミュニティにどれだけプレミアム会員がいるかで生主が放送するコミュニティの放送の延長・予約に金が掛かるか掛からないに関わってくる。

こうなってくるとプレミアム会員が増えなければ、生主自身にとっても放送し難い環境下に置かれ、どんどん他サイトへ行く。実際、わいの好きな3時やジャンクマンも微減でプレミアム会員が減っており、コミュニティレベルが徐々に下がっている。こういうネット配信サイトの環境変化が他サイトへ移動している要因の1つだろう。

追記:これはニコニコのアップデートによって、コミュレベル問わずに放送の予約や延長は無料になった。

匿名サイト特有の攻撃性に飽きた・慣れていない

某有名巨大匿名掲示板同様、ニコ生のリスナーは匿名を良いことに兎に角、生主を叩くし、コメントに攻撃性が有る。多くの有名・大手配信者はこの手の攻撃性も慣れているし、ネタに出来るほどの技量が有るが、新人生主達はそれに耐えれない。結果、新しい生主が育たたない為、ニコ生も伸びないという具合だ。

また、リスナーも昔に比べれば、こういう殺伐とした雰囲気に飽きており、どちらかといえばわいわい盛り上がる様な放送を好む。そうなれば、配信サイトの性質上、記名のサイトの方が相性が良いので、他の配信サイトへ流れる。といった具合だろう。

3、4に関しては長くなったので次回に書きます!(続きはこちら

それでは!

スポンサーリンク

フォローする