ニコ生の衰退は匿名の衰退。他に行く配信者達が感じている4つの事(後編)

スポンサーリンク

福岡県朝倉市が悲惨です。もうニュースでも知っている人もいるかと思いますが、集中豪雨で川が氾濫し家が流されるとかなんだかんだ大惨事です。幸いにも、死傷者ってのは少ない方なのでは不幸中の幸いではないでしょうか?東日本大震災を機に国民の防災意識が高まってたのが死傷者数を少なくした要因かもしれませんね。今は自主的に非難している人も多いみたいですからね。

まぁーわいの好きな生主3時が福岡県朝倉市に在住しているらしく、今回の豪雨をうけて避難しており、今日の昼に車内から配信してましたね。どことなく気が張り詰めている感じと気疲れいるような雰囲気が放送から感じ取れました。3時の放送はワイの今の生きがいなので無事いつもの放送が出来ることを願うばかりです。

で、1個前の記事の続きです。

そもそもネットの匿名文化が衰退して記名・実名文化が主流になっている

近年、Facebook、Twitter、Instagram等の実名・記名性のサイトが主流です。何故、実名・記名性が頭角を現したかというと、ただ単純に匿名性が自滅していってるだけだと思います。もしくは、匿名が役目を終えたとも言えるでしょう。



わいが思うにインターネットがこれからだ!っていう時期だった時は、匿名性が利用者の使いやすさや恐怖心を和らげていたと思います。いちいちサイト使うために登録だなんだやるのは億劫だし面倒です。こういうやり方で利用者の拡大や普及に大きく貢献したんだと思います。

しかし、今からのネットの時代は質を高めたり、信用を得ることだと思います。だから、その質の向上の為に記名性・実名制が力を増しており、その結果が匿名性の衰退。記名性・実名制の躍進だと思います。そういう波に飲まれてるのがニコ生の衰退だと思います。

マネタイズし難い

ニコ生って本当にマネタイズし難い!!ニコ生配信で金儲けしたければ、正攻法としては個人でチャンネルを申請して取るか、企業チャンネルを取るしかありません。(裏技としては口座番号晒したり、個人的に太客を捕まえてダイレクトに金銭を授与するとかある)

他方、YouTubeLiveやふわっち、オープンレックはチャンネルなんて取らなくて配信するだけでリスナーから投げ銭としてマネタイズ出来る。こういうマネタイズに関しての参入障壁の高さ・低さでニコ生リスナー・生主ともに他の配信サイトへ流れると思う。

ニコ生の巻き返しはあるか?

衰退著しいニコ生ですが、巻き返しは有るかと言われればあると思います。もう簡単でコメントを記名性にして投げ銭システムを導入すれば巻き返しはあると思います。

実際、噂レベルですが、ニコ生にも投げ銭システムを導入するとの話もあります。匿名性から脱却に関しては匿名性がある意味リスナーの既得権益になっているので、崩すのが難しいと思うのですが、そこはドワンゴに大鉈を振るって貰いたいです。わいは匿名性がなくなってもニコ生を見続けると思います。

なぜかって?それだけ今は良い配信者や面白いコメントをするリスナーが他のサイトに比べて圧倒的に多いから!

それでは!

スポンサーリンク

フォローする