炎上を鎮火できなかったヒカル達。炎上鎮火は生主が一枚も二枚も上手

スポンサーリンク

昨日、YouTuberで絶賛炎上中のヒカル、ラファエル、いっくんらがVALUでのインサイダー取引疑惑と一連の騒動について、動画で謝罪をした。

ニコ生に一番時間を割いている身としては、多くのリスナーや配信者が逮捕だ警察沙汰だには慣れているが、YouTubeという市民権を得ていて、公共性の高いサイトで逮捕だ警察沙汰だならなかったのは良いとは思う。ただし、今後このVALU騒動に関連した3人が動画をアップロードしても、まともなリスナーやファン・視聴者は来ないだろう。多くは彼等に制裁を下したい勢が押し寄せて、収益にならないような気がする。

着慣れないスーツに反省の黒髪

応援してくれていたファンに偽り続けることが耐えきれなくなった
ヒカルさんは文書を読み上げ、VALU内でヒカルさん、ラファエルさん、いっくんさんの価値を競い合うという動画の企画を持ちかけられていたことを告白。
VALUとVAZの双方に企画当初から担当者として関与していたことを報告。これは本人の口から語られることははじめてのこととなる。
ヒカルさんらは、VALUに対しての知識を持ち合わせておらず、ファンやVALUユーザーを騙そうという悪意はなく、「どこかからか反感は買っても、盛り上がるだろう」という軽い気持ちではじめてしまったこと、その無知が今回の騒動に及んでしまったことを謝罪した。
なお、VAZ元顧問の井川拓哉さんがヒカルさんのオフ会スタッフにVALUの購入をすすめていたという噂については、一切知らなかったという。
ヒカルさんは、ここまで謝罪を行わず、時にはキャラクターを演じて炎上を煽るような発言をしていたことに関しても謝罪。「従業員、家族、応援してくれていたファンに偽り続けることが耐えきれなくなった」とヒカルさんは語った。
無期限活動休止、NextStageは解散
「とり返しのつかないことをした」と謝罪を行ったヒカルさんらは、ヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズのYouTuberとしての活動を無期限に休止することを発表。「どれが正解かいまでも分からない」という混乱した様子を見せながら、さらにNextStageの解散も告げた。今回の解散はNextStageのメンバーで協議し、話し合った結果だという。
NextStageは、「関西YouTuber」として凄まじい勢いで人気を獲得していったヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズの三者で結成した新事務所。
既存のYouTuberを遥かに上まる過激な動画とプレゼント企画によって、瞬く間にチャンネル登録者を伸ばし、YouTuberという職業/コミュニティに新しい風を呼んだ。
謝罪動画の最後では、VALUとのやり取りが今後どのようになるかまだ見えていない点、そして本人たちがYouTubeで活動を続けれるような精神状態ではないことを告げ、関係者やファンに改めて謝罪を行った。
                        引用:ヤフーニュース

このような服装や雰囲気から、どう考えても応援してくれたファンに謝罪するというより、現実的な問題(金)で迷惑を掛けた大人達に謝罪しているんだろうなーって思う。トレードマークの金髪と黒の2トーンを辞めたのだから。ようは、芸能人の謝罪会見と大差無いということだ。本人たちのモチベーションがないという理由で活動無期限休止とのことだが、ほとぼりが冷めたらすぐに復帰するだろう。それは応援してくるファン云々もあるとは思うが、現実的な問題(金)があるからだ。

炎上鎮火の練習とアンチコメ耐性習得に生主してみては?

彼等には悪いのだが、ニコ生なんて「どこかからか反感は買っても、盛り上がるだろう」という軽い気持ちと薄い配信内容の生主は今もいるし、過去多くの配信者がそうして有名になった。というか、昔のニコ生はそういう配信ばっかりだった。(これが良かったか悪かったかは別の問題)

リアルタイムで放送している生主は常にトラブルだ炎上だと背中合わせだ。Youtuberの時間差の対岸の火事とは訳が違う。

ニコ生は良いか悪いかは別にして、炎上してなんぼだし、その炎上をどう鎮火させるか、どう処理するかで自身の今後の運命が決まる傾向がある。炎上を機にリスナー集めて成功した生主もいるし、炎上を活かしきれなく引退したり、他の配信サイトに行った生主も存在する。

ニコ生リスナーとして、これくらいの炎上で効いているようでは、未来もあるYoutuberになれるのだろうか?と思う。かなりの余計なお世話だが、炎上鎮火の練習やアンチコメ耐性習得の為にニコ生を始めたり、生主として参入すれば良いのでは?と思う。生放送勢から動画勢への参入は多いが、逆はまだ少ない。そういう逆輸入も良いのではないだろうか?きっと生主への参入は彼等の今後の糧になると思うし、ニコ生も賑わうだろう。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする