ワイが配信でザッピング中に感じる4つの事

スポンサーリンク

ニコ生では日々、タグやカテゴリーから面白い配信を探すようにしている。これらを選択した後、プルダウンからコメント数の多い順やコミュニティが新しい順で表示し、そこからタイトルを見て、自分の好みと一致した配信を観に行ったりする。このようにして、配信をサーフィンしているのだが、大概ブラウザバックをする。というか、一覧が出てきた時点でそもそも観に行かないものが多数だし、クリックするもすぐにブラウザバックするものが多い。

理由はいまいちハマらなかったりとかそういう理由なわけで、正直多くの時間を無駄にしているとは思っている。

そこで、何故見つけた配信がハマらないのか?面白いと感じないのか?そもそも何故ページを開かないのか?を独断と偏見で書いてみる。

そもそも何しているか分からない

配信をザッピングしている時、大概タイトルを観るのだが、何をしているのか分からないタイトルがちょこちょこある。

例えば「こんにちは」とか「こんばんわ」とか「ちょっとだけ」とかあるゲームの特定の言葉(例:一狩りする・ドン勝する)等々。

ザッピングの最中はこれらのワードで観に行く事はない。せめて、”ポケットモンスター赤 1日目”とか”ドラゴンクエスト3 初見プレイ”は書いてほしいとは思う。

コミュサムネがない・目を引かない

コミュニティサムネが無いものはあまり観に行かないし、印象に残らない。この印象ってのが結構重要だと思っていて、百歩譲って、その時配信を観に行かなくても、度々ザッピングしている時に、印象的なコミュニティサムネであれば「あ、このサムネ見覚えがある」となり、自分を認知してもらえる良いきっかけにはなると思う。

ちなみに、サムネイルは何でも良いって事はなく、キャラクターやアニメ、動物の画像とかは結構多いので、印象に残らないことも多い。よって、ともかく何かインパクトがある画像(カラフル、色味が良い、オリジナルのキャラクター画像、見て笑える画像)だとクリックする。

配信向きのゲームをしてない・配信数の多いゲームをしている

ワイはゲーム配信をメインで観るのだが、ザッピングしていると、現在であればPUBGとかフォートナイト、モンハンにスプラトゥーン、艦これが多い。確かにこれらのゲームは面白いとは思うし、人気があるとは思うのだが、数が多すぎてスキップすることが殆どだ。

生主がしたいゲームを配信するのが一番だと思うが、その数が多いのもリスナーを食い合っている側面があるから、人気のゲームをするならするで、時間とかタイミングは見計らう事も必要だと思う。

もし、人気のゲームの配信数が多い時は、人と違う事をするというのは良くも悪くも目を引くことだから、あえてその状況を利用して配信向きのゲームとかレトロゲームをするのも良いとは思う。(リスナーの多くは20代、30代なので、レトロゲームとは相性がいいと思う)

喋らない・活気がない

ザッピングでやっとの思いで見つけた放送。しかし、いざ開いて観たら、生主に活気がないとか喋らない配信が多い。リスナーとしては、配信を観ている時は一人で寂しかったり、○○しながら配信を観ているから、そういう寂しさや時間を埋めるために、ともかく誰かの声が聞きたい。ずっと喋ってほしいとまでは言わないが、無言の時間が多いのはそれだけでブラウザバックする1つの理由になる。

生主の無言の2秒はあっと言う間かもしれないが、リスナーはその2秒が永遠くらいに長い。これも面白くない配信と言われる理由の1つになると思う。

また、寂しがり屋のリスナーはただ声が聞ければ良いというわけでもない。明るかったり、何かを楽しんでいる声、活気溢れる声を非常に求めている。よって、人を引き止めるためにも配信中に思った事や感情、ゲームの状況などを元気よく配信に載せて欲しいとは思う。

個人的に思っている事は、人が集めれる生主に共通する事は声質とかキャラクターとかは二の次で、なんでも良いからともかく喋り続けていることだと思っている。(その話の質云々はまた別の問題)

最後に

生主全員がリスナーの数が多ければ多いほど良いと思っているとは考えないが、それでもワイがハマれる生主とか配信を常に探している。配信と政治はよく似ていると思っていて、既存の政党や政策に嫌気がさしたら、第3極に票が流れるように配信界もそういう第3極の生主を常に探しているリスナーが一定数存在している。

おそらくだが、こういう第3極の生主とリスナーが合えば、またニコ生に活気が戻るのかも知れない。というか、正直なところ、もう既にマッチしている生主はきっとそこまでニコ生の衰退のダメージを受けてなく、むしろ全てが右肩上がりだと思っている。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする