七原くんの失敗

スポンサーリンク

七原くんのてんやわんや後、彼の放送がありません。別に配信は趣味と割り切っているし、本業の方が忙しいのでしょうから、それはそれで良いのかもしれませんが、このまま放送しないのも様々な事が埋没費用になっているでしょう。

配信の埋没費用

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

配信をする上で、あれやこれや個人情報を話すのは避けられない事だと思います。特に七原くんの場合は、何でもかんでも喋ってしまって、ありとあらゆる個人情報がちょっと検索すれば誰でもスグにわかるという状態です。別にそれが人気の秘訣?みたいなものだったので、それで人気者の地位を得たと思うのですが、今回の出来事で、それらが絵に描いたよう埋没費用になっているのは確かです。(埋没費用とは、今となってはどうしようもない取り返しのつかない費用)

七原くんにどういう意図があったのかは分かりませんが、実際は少なからずとも人気者になる為の投資として、個人の情報を配信で載せたのは事実です。しかし、今回の出来事によって、その投資に失敗し、それらの投資は一気に負債になりました。しまいには、その負債が原因で、配信外の実生活を第三者によって晒されているというのが現状です。実に恐ろしいことですが、それは仕方ありません。それが埋没費用であり、どこかで終わらせなければ、より多くの被害や実害、損失が生まれるのが埋没費用なのですから。

つまり、配信の埋没費用とは、炎上とか事件があった時に、今まで自分が喋った事が負債になって帰ってくる事がそれに該当するのかもしれません。

埋没費用の対処・今後

七原くんは、あの出来事の後、配信は疎か、まともに情報発信もしていません。この状態では、負債が負債を生むという状態が続くのは確かですし、まさにこの状態こそが七原くんの失敗だとワイは思っています。

あいにく、配信の世界は移り変わりが激しいので、このような出来事もすぐに忘れられると見越して、配信や情報発信を控えているのかもしれませんが、人気を博す為に投資しているものが、高価であり、良いおもちゃでもあるので、”あらゆる数字”が欲しい人達は放おっておかないのかもしれません。

今後は負債を抱えた七原くんと七原くんの資産を保持している者の両者の根比べになり、どっちが最後まで耐え続けれるか、やり続けれるかという世界になるでしょう。

ただ、一つ言えるのは、上でも書いたように、埋没費用は何もしなければ無駄な出費と被害を生みます。対処法としては、埋没費用の事は忘れて、とっとと決着を付けて、将来の無駄な出費と被害を抑える事が一般的です。今回の場合は、具体的には配信界を去るというのがそれに該当するのかもしれませんが、もう1つあります。それが自身の配信のネタにするということです。これであれば、何でもかんでもネタに出来て、それが資産になるのは確かです。

そして、その積み重ねを行ってきた人達はインターネットの配信界にはごまんといます。七原くんは、今回の出来事で発生した埋没費用をどうするのか?がワイの気になるところでありますし、配信を趣味と謳う以上、リスナーとしてはその趣味を続けてもらいたいばかりです。

それでは!