何故料理配信をするのか?

スポンサーリンク

料理配信というのがある。読んで字のごとくで、配信で料理をして自分で喰うという感じで、むか~しからポツポツ存在する配信内容だ。しかし、最近どーもこの料理配信に手を出す配信者とか放送主が多いので、ちょっと思う所を書いてみる。

ネタがないしネタが飽和しない

最近になって料理配信を思い出したかの様にしちゃったり、手を出す配信者というのはもう配信のネタがないという事の証明だと思っている。と同時に、料理は世界各国、その国だけの料理があるし、日々新しい物が生まれたり、ブームになるからネタが飽和しないのだ。そういう意味で、ネタに困らないから料理配信が増えてる。

TV業界でラーメンと動物は数字を取るなんて言う迷言があるように、配信界でも動物と食べ物に対しての同様な傾向があるのだろう。そして、配信がTVの後追いをするような企画をするから、配信を観ている側からTVの真似事なんて言われるのだと思う。

コメントが稼げるから

料理配信は普通にコメントが稼げる。ミスしたりおかしな事したり失敗すれば、突っ込みコメントが飛んできて配信が盛り上がり、数字の面では良い実績になるのだ。レシピや作り方に煩い日本人には持って来いな面もあり、この数字が良ければ、ランキングやちくらんからリスナーを呼び込めて、更にリスナーが増えるなんていう効果があると思っている。

ついでにできるから

一番最初に書いた配信のネタに出来るという点と重複するが、結局ついでに配信という手軽さがあるから、やっちゃうわけだ。個人的には片手間に料理配信やっちゃうから、数字は稼げても内容が薄いからあまり観ようとは思わない。というか、素人の料理配信なんか観ても、美味しい料理の作り方とかレシピを教えてくれるわけではないから、それならクックパッドやNHKのお料理番組観たほうが得るものが多いとは思う。

ただでさえ、人の時間を奪っている配信なのに、配信にこっちが費やした時間のリターンが無いのに観るというのは中々の熱狂的なリスナーだなと思う。


費用対効果が大きい

料理配信は誰にも迷惑をかけない。外配信して一般人を映して揉めるとかそういうのも無いし、外食して食事中に店の電話が鳴るわけでもない。ゲーム配信の様に規約のグレーな所を触れるわけでない。ともかく、クリーンな配信・放送やるには持って来いな企画だ。

おまけに配信で喰っている人間がいるならば、配信のネタで料理するわけだから、経費計上して、節税対策ついでに飯を喰うとかそういう費用対効果が抜群にあると思っている。

料理配信の今後

料理配信はTVが来た道を歩んでいる。今も昼の情報番組や地域の情報番組で美味しいお店や流行りの料理を紹介している。これはTVでもまだ食べ物は数字が取れるという事の証明であり、配信でも一定の数字は稼げるかもしれないが、必ず観る側が飽きるし、何よりTVや他のネットに内容では勝てないから、あと1年もしないうちにこのブームは終わると思う。

しかし、また思い出したように料理配信をし、また飽きてという繰り返しをすると思う。結局、みせられる側は同じような物を手を変え品を変えで何回も観させられるから。

料理配信でTVの真似事をするくらいなら、良いか悪いかは別にして、寝配信をしてネットでしか出来ない事もするの選択肢としては良いとは思う。結局、TVの企画の真似をしたって、TVの制作に費やすヒト・モノ・カネには敵わないのだから。

配信者は配信者と作家という両方の仕事をしなければならない訳で、料理配信で作家の面を疎かにする限り、ながーく配信をする上では控えた方が良いことだとは思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする