山田ルイ53世の引きこもり経験記事や本が面白い!経歴・嫁さんの事も取り上げています

スポンサーリンク

ルネッサ~ンスで有名な髭男爵。彼等は一発屋なんて言われているかもしれないが、ワイは好きです。どちらも個性的で目を引かれるが、今回は山田ルイ53世さんに関して色々書いてみる。多くの人は一発屋みたいなイメージがあるかもしれないが、幼少期は秀才でセンスや感性も良かったらしく、今も独自の視点で考えた様々な問題に対しての意見は話題になる。

山田ルイ53世とは

本名:山田 順三(やまだ じゅんぞう、 1975年4月10日(42歳))
身長:168センチメートル、体重120キログラム
出身:兵庫県三木市
男爵キャラとしてはパリ・シャンゼリゼ通り出身、ソルボンヌ大学卒業を自称。コンビ内ではツッコミ担当

生い立ちに関してですが、小学生時代はサッカー部のレギュラーで学業も優秀だったため、「神童」と呼ばれていたそうです。兵庫県内の超名門中学・六甲中学に入学。常にトップの成績だったが、中2の夏休み前、通学途中に大便を漏らしてしまったことをきっかけに、不登校となり、引きこもりとなった経験があります。

心が壊れた。と当時を振り返った山田ルイ53世さん。2階の自分の部屋で引きこもり、親が寝静まった夜中に1階にこっそり降りて冷蔵庫をあさったり、テレビを見たり、深夜に人目を避けてコンビニに行ったりしたそうです。

16歳で実家近くで1人暮らしを開始。コンビニでバイトを始めたが、同級生が登下校時にコンビニにやってきて、顔を合わせるのが「苦痛だった。」と振り返っています。18歳で成人式のニュースを目にしたことがきっかけで、大学に行くことを決意し、実家に戻り猛勉強。大検に一発合格し、愛媛大学(法文学部夜間コース)に入学しました。

それでも「オレ、ほんまは東大とか行くはずやったのに…。ちょっと違う」と違和感を感じ、大学在学中に親に内緒で上京。吉本の芸人養成所「NSC」に入学し、芸人を目指しました。

しかし、芸人とバイトの両立はプライドが許さず、生活費は消費者金融からの借金。多額のお金を借り、月に10~20万円の利子を返すためだけに、バイトをする日々が続いた。多感な時期に引きこもりをしていた事を要因に挙げて、バイトはどれも1カ月も続かなかったとの事。

2011年8月8日、一般女性と結婚。8月8日が「髭の日」という結婚相手の提案から、結婚の日をこの日に決めたそうです。ちなみに・・・嫁さんの方ですが・・・

スポンサーリンク

フォローする