日本語は難しく不便な言語。母国語の日本人でも難しい日本語ってどうなの?

スポンサーリンク

ワイがつくづく思うことがある。日本語は相当に不便で環境や状況、文脈に頼りすぎているちょー不便でク○な化石みたいな言語だと。その不便さなのか、わいが馬鹿なのかが原因かは分からないが、わいの母国語である日本語が難しすぎる。

こういう事を意識したのが海外の友人と国内旅行している時に言われたある言葉がきっかけだった。

なんでルビが要るの?

海外の友人である彼はこういうどこにでもある標識を見て、こう言った。

「なんで標識にローマ字が書いてあるんだ?これは一体だれの為に書いてあるんだ?」

これを聞いてワイは

「これは観光客の為にあるんだ。君やワイのために」

すると彼は

「それは分かった。でも日本人である君にローマ字なんているのか?読めるだろ?」

これを言われた時返す言葉がなかった。確かに読めるのに、なんでわざわざローマ字のルビが要るんだ?何故なんだ?何故だ・・・・。と・・・。

俺の返答がまずかったのか?いやそんなはずはない。このローマ字を見てから地名を認識することもある。となると、このローマ字のルビは日本人でも必要な表示だ。ってことは日本人も必要なはずだが、何故、日本人が使う漢字にわざわざローマ字のふりがなが要るんだ?皆読めるよな。何故だ・・・・。何故なんだ・・・・。こういうループが続いた。

これは自分が無知なだけなのかもしれないが、その時ちゃんと説明できなかった。1つは不意を突く質問に答えられない、灯台下暗し的な意味とそれをちゃんと英語での返答が出来ないという2つの意味で・・・。

で、それをずっと引きずっており、何故書いてあるんだ?と事ある毎に考えた。そうして1つの日本語の欠点をワイなり考えた。




環境や状況や依存しすぎている。

上の看板の馬込(まごめ)。東京の人なら馬込はわざわざ、ふりがなは要らない。住んでて、自然と覚えるからだ。逆に!!!東京以外の人はあのローマ字のルビがなければ、正式な呼称がわからない。「うまこめ」なのか「うまごめ」なのか「ばごめ」なのか「ばこめ」なのか・・・。ともかく、呼び方がいくつもあるし、出来るのだ。

大阪には放出(はなてん)という地名がある。これはその地域の人であれば誰でも知っているし、読めるがその地域の人以外はわからない。普通に考えれば「ほうしゅつ」だが、それがその地名の文字の意味する所の正解ではない。多くの人が読めるはずの「ほうしゅつ」で普通に考えれば「ほうしゅつ」なのに、これが間違いなる。こんな言語ってありなのか?

福岡には雑餉隈という地名がある。これも福岡の人なら読めるが、他の地域の人は読めない。というか、この「餉」の字なんて今まで多くの人は発音したことなし、見たことも無いはずだ。

日本人の識字率は世界のトップクラスだ。現状は100%ではないにしろ、それでも80%以下とかはないはずだ。それでもこの「餉」の字なんて見たこと無い、書いたこと無い、発音したことがない人が多いはずだ。それでもこの字は存在している。こんな言語ってありなのか?

※「雑餉隈」は「ざっしょのくま」と読み、「餉」は音読みで「しょう」

字や文字列は認識してるけど、呼び方は時と場合や状況または前後の文脈によって違う。こんな言語って世界の他に存在するのだろうか?

字や単語は、誰が読んでもどんな場面でも1つの読み方であるのが理想だと思う。大して英語を知らないが、1つの単語には1つの発音しか無いし、日本語みたいに2つも3つも4つもの発音があるのは知らない。

まさにこういう環境や状況に依存しすぎているのが日本語の欠点・欠陥だなーと思った。そして、日本語って日本人にとっても難しい言語なんじゃね?なんて事も思う。

文化と言葉は密接に繋がっている

他にも代名詞だけで会話が成立するという不思議な事もある。まぁー代名詞だけで会話したがるのは、日本人の日本語への敬意の無さが一番の原因だと思うが、それでも代名詞だけで会話が成立する日本人の文化や風潮も良いのか?とも思う。

上記の海外の友人はこんな事を言っていた。

「文化と言葉は密接につながっている。」と。

日本人はコミュニケーションが下手だと言われている。意外と日本語(言葉)が日本人にとって難しいから、それが日本人のコミュニケーション(文化)に影響して、下手なんて言われているのかもしれない。

もし、日本が難しいと考えている人がいるならば、他にもそのように考えている人はいるので、自分は馬鹿なのか?と心配する必要はないと思う。

それでは。

スポンサーリンク

フォローする