横山緑がニコニコ広告を解禁。広告解禁は古事記への布石か?!

スポンサーリンク

2018年1月21日の暗黒放送で横山緑が義務料理配信を行った。別にそれ自体は良いのだが、ちゃっかりニコニコ広告を解禁したという具合だ。

現状はニコニコ広告は生主に還元されるわけではないから、古事記にならないじゃないか?と思うかもしれないが、2月下旬もしくは28日からニコニ広告はニコニコ(く)のリリースに伴い、配信者や動画投稿者に対して、クリエイター奨励プログラムを介して還元する予定だ。(これは無料で配られたチケットはクリ奨励プログラムの一部にならない)

よって、ちょっと勘のいいリスナーとか邪推が好きなリスナーからみれば、この時期にこのタイミングで広告を解禁した事はクリエイター奨励プログラム狙いの古事記なのでは?と考えているわけだ。別に今まで広告を受けていたなら、何も言われないし、自身が今後はリスナーからの支援を受けますとか言えば良いのだろうが、それは配信者としての”何か”が許さないのだろう。

今後の身の振り方を予想する

ワイが邪推するに

①クリエイター奨励プログラム狙いで今後もしれっーーーーと広告を解禁し、その他の金になるようなシステムを解禁する。当然、リスナーやSNSではここぞとばかりに意見するし、されるが、当の本人は知らぬ存ぜぬとかコメントスルーとか煙たい感じで対応しつつ、その間もちゃっかりリスナーからの支援を受ける。

上記が本命だ。いわゆる、リスナーからの支援に対して罵倒を受けつつも、逃げ切る。といった具合だ。

逆にワイが見直すとすれば

②今後は配信で金になるようなシステムの一切を解禁、開始します。今まで他の配信者をネタとは言え、古事記だなんだと意見してスイマセンでした。全てアレは嫉妬をネタにしただけでした。

なんて具合でしっかり、謝罪と理解を求めれば、放送を観ようと思う。

ただ、②は自身のプライドが許さないだろうし、過去の発言を覆すわけだからしないだろう。となれば、①の身の振り方をするだろうし、彼を見る度に、つくづく、口は災いの元なんて思う。良い反面教師だ。

ワイ個人としては、別にニコ生のシステムを介してのリスナーからの援助をうけるのは良いと思う。ただ、現状の横山緑って、やっている事と、言っている事が違うから、なんじゃそりゃ?ってなる。

まぁーそう思わせる事でコメントを稼ぐとか放送を盛り上げる意図があるなら、それもスキルかも知れないが、そういう配信スタイルが今度も需要があるか?と言われたら、ワイはそうは思わない。

これもワイの予想でしか無いが、結局、横山緑はリスナーから金貰って、その対価として、放送するのが怖いだけなんじゃないか?と思う。なんだかんだ、配信はタダでするものだというのをスケープゴートにしつつ、その実、金貰って、良い配信する自信が無いだけではないだろうか。

色んな配信者が戻ってくる?新しい配信者も来る?

まぁ、覆面被ったおっさんの配信だけの事を語ったってしょうがないので、このニコニコ広告のクリエイターの還元を機に、ニコニコを出ていった配信者や今まで別サイトで配信していた配信者がニコ生で配信してくれれば・・・なんて思う。

結局、どんな形であれ、配信者数が増えなければ、ワイが観たい配信が増えないのだから。こういう言い方は酷かもしれないが、弾は多ければ多いほどいいのだ。

まぁ、こうやって、配信サイト同士で切磋琢磨して貰わなければ、配信は衰退していくだけなんだろう。あとは、ニコ生の諸刃の剣である、匿名・匿名文化とどのように折り合いをつけるか?が配信者が配信するかの本丸になるだろう。

一応、暗黒放送のリスナーのコメントが好きなので、暗黒放送が他から来た配信者にリスナーが取られなければ良いね!なんて思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする