横山緑の概要や暗黒放送の楽しみ方を書いてみる。(初心者向け)

スポンサーリンク

こんなしょーもない89流ブログでも検索から来る人間も存在する。で、大体が横山緑関連のことで検索してここに来ているようで、最近は裁判騒動がラジオで取り上げられれたり、まとめサイト等で取り上げられて、そこから横山緑を興味を持ち、検索してここに来るようだ。

そこで、この先、横山緑が良くも悪くも世間で認知されると予想して、初めての人の為の横山緑、暗黒放送を書いてみようと思う。

初めての人のための横山緑

横山緑とはニコニコ生放送で配信をしている一般人である。ネットコメディアンなんて自称しているが、社会的地位は普通に自営業とかフリーランスだ。活動がネット上というだけで、生業はTVタレントと同じような感じだ。収入の得方は自身の配信での収入、ネットのタレント活動がメインだろう。他にもあるとは思うが、現状分かりうる限りではこれらが収入源だ。

横山緑という名前は本名ではなく、配信上でのニックネームみたいなもの。本名も住所も過去も何もかもネットで調べれば分かる。

配信歴はかれこれ9年近くになる。9年も配信して、ニュースになるくらいの人なのだから、ニコ生でもそれなりに有名だと考える人もいるかもしれないが、知らない人はとことん知らない。おそらく、配信を長く観ているリスナーでも横山緑を知らない人はいるだろう。

あくまで、ネットのマイナーな部分で人気があるって思えばいいと思う。実際のネット内での有名度で言えば、ヒカキンとかヒカルとかそっちの方が(一般的には)有名だと思う。

暗黒放送は何故面白いのか?

で、変なマスク掛けたおっさんの配信の出来事が何故ラジオに取り上げられたり、まとめサイトに載るのか?それは配信が面白いから人気なのか?と思った人に言えば、別に彼自体の配信はそこまで面白くはない。

確かに、体張ったり、危ない所にいったり、色々考えて配信をしているとは思うが、あの放送が面白いのはリスナーのコメントだ。ともかく、横山緑という食材をリスナーがコメントで捌く、その一連の流れが面白い。

だから、初めて暗黒放送を観る人はTVでタレントから発する面白い事を期待する感じで横山緑の一挙手一投足を楽しむのではなく、常識では考えられない事が流れるコメントや横山緑をおもちゃにしているコメントとかその状況を楽しむ事を意識すればいいと思う。そういう意味では、ネットコメディアンなんていうのは言い得て妙だとは思う。

ワイも最初は

「なんでこんな放送が面白いんだ?荒れてるだけじゃないか」

とか思っていたが、楽しむポイントをコメントに移した時にその面白さが分かったと思う。なにより、その配信を観に行けば、一人ではないと感じれるのが人気の1つなのかもしれない。

むろん、最近の面白い配信とか観てて面白いなーと思う配信者ってのは、こういうおもちゃにされるような生主より、自分の意見を言っている配信者の方が面白いと思う。

嫌われているだけじゃないの?

まぁ、実際いつも荒れている感じだから、嫌われてるんじゃないの?って思う人も居るかもしれないが、これがややこしい所で、わざと辛辣なコメントを書いて(放送主の意図を汲み取って)放送を盛り上げようと考える人もいれば、本当に嫌いでコメントを書くような人も居る。

逆に本当に嫌いだから(放送主の意図しない展開に持って行くために)優しいコメントとか面白くなくても面白いとか書くような人も居る。

ここらへんの事は複雑で暗黒放送を観れば観るほど悩むことになると思うが、所詮が時間つぶしで配信を観ていると思うから、あまり考えないほうが吉だと思う。

まとめ

以上が初めての人の為の横山緑の概要・暗黒放送の楽しみ方だ。ワイはなんだかんだ暗黒放送は好きなので、気になる方は観てみるのも良いと思う。何もニコ生ではなく、YouTubeにも動画が上がっているので、YouTubeで観るのが最良だと思う。

ちなみに、もしガチアンチと言われる人達がここを観たなら、「横山緑」とか「暗黒放送」とかの商標登録を取ってみてはどうだろうか?ということだ。

特許情報プラットフォーム|J-PlatPatで商標を調べてみたのだが、「横山緑」での商標はない。横山緑という言葉は良くも悪くも金になりそうだし、登録して、横山緑が放送する度にゴネればお小遣い稼ぎ程度には良いかもしれない。

外配信で店に電話しているのがどういうタイプのリスナーでどういう意図でしているのか検討がつかないが、もし本当に横山緑が嫌いなら、他者を巻き込まず、対象だけを苦しめるなら、そういう方法も良いのかもしれない。ワイはそれを望む望まないにしろ、裁判同様に放送が盛り上がるだろうなーなんて思う。

また、「暗黒放送」で商標を調べた所、既に一件登録があった。それが合同会社AGARIEという会社だ。気になって調べてみると、どこかで観たことがあるような人が最高経営責任者なのだが、これはワイの見間違いだろうか?

それでは。

スポンサーリンク

フォローする