司法と自身の交際を放送ネタにする横山緑

スポンサーリンク

横山緑の中の人は美顔器メーカーの裁判の結果を不服とし、控訴する。この裁判は誰がどう見ても横山緑の中の人に勝ち目がないので、慰謝料を払いたくないが為の延命処置だろうし、この裁判ネタを放送でも擦りたいのだと思う。ニコ生や配信界では、警察ネタや裁判ネタは盛り上がる。横山緑の中の人もそれを理解しているのだろう。結局、控訴するワケは自身のエゴにすぎない。名誉だなんだではない。金と配信のネタのためという色眼鏡で見てしまう人もいるのではないだろうか。

自身の私生活の汚点や放送のネタの炎上の残りカスを他の事にスケープゴートするのは好きにすればいいが、それを司法や現実世界とするのは、自身が愛してやまないニコ生やネットの評判が悪くなる。

司法はネタにはならないし、司法もネタにしないし、させない。もし、司法の名誉が汚されるような事をされれば、ネタでは済まされない未来が待っているだろう。まぁー司法をネタにして歴史に名を残したいなら話は別だが。

裁判が社会的に盛り上がってTVだ新聞だに取り上げられれば、横山緑の認知度は上がるので、他のメディア・媒体を使っての宣伝としては最高だと思うが、それに比例してニコ生の評判が下がるのは必須だ。自身が好きだと言っているニコ生を汚すのはタコが自分の足を食うのと同じなので、結構矛盾を感じる。

そもそも、裁判所の人達は横山緑の中の人よりも数倍、数百倍と賢いので、控訴裁判所は控訴を棄却するだろう。

配信者と付き合う意味


また、昨日も横山緑は謝罪放送なる放送をしていた。自身の身から出た錆で放送ネタが出来たので、さぞ楽しく放送できただろう。新しい彼女と電話で話す場面もあった。その中で緑が「自分のどこが好きなのか?」という問いをしていたが、彼女ははっきり答えなかった。

配信者と付き合うというのは自身の気持ちや行動もネタにされるというリスクが有る。それは大手とか無名とか関係ない。小さなコミュニティの放送主でさえ、自身の交際相手の話をする。配信者と付き合うというのは、否が応でも自分が配信のネタにされるという事がある。

横山緑の彼女も配信者なので、配信者というのが人々がどういう人々なのか?というのを理解しているだろうから、もし、自分の気持ちをネタにされたくないと思うなら、配信者の彼氏から手を引くべきだろう。それが双方にとっていい結果になると思う。

ただし、別れたら別れたで、またネタにされるのが常なので、結局、自分の私生活や自分に関わる人々を切り売りする一部の配信者とは、怖い人種であるとつくづく思うばかりである。

それでは!