不倫・浮気がない世の中が良いなら一夫多妻・一妻多夫制が良い

スポンサーリンク

既婚者で赤子がいるワイが言うのも荒唐無稽な話ですが、結婚という制度やシステムにかなり懐疑的です。いや、厳密に言えば一夫一婦制ですね。ワイみたいに女性を一人養うのに財力・時間・体力の面で悲鳴を上げている男性にとっては最高の制度だし、システムです。(この時代に男性が女性を養うなんていう考えも古い考え方かもしれない。)

しかし、現行の結婚制度の一夫一婦制では女性を2人も3人も抱える体力・財力がある人にとっては、その人の持てるべき力を抑制するシステムであるとも思うからです。つまり、良いエンジン積んでいるスポーツカーが高速を走れず、一般道でモタモタ走っている様なものだと思うのです。

もし日本が一夫多妻制・一妻多夫制だったら・・・

直近、浮気だ不倫だで取り上げられる芸能人・著名人ってある意味かわいそうだし、不憫だなって思います。何故なら、そういう有名人は何人もの人達と交際出来る時間・体力・財力があるにもかかわらず、法やルールによって抑制されていると思うからです。これは男女問わずです。

正直、浮気だ・不倫だ出来る時間や体力や財力がないと思っているので、不倫や浮気が出来る人は凄く羨ましいって思います。再度書きますが、それだけのモノや何かがあるからです。不倫や浮気が良いか悪いかという道徳の問題は置いておいて、ともかくそれだけの力があるというのは羨ましいわけです。

もし、この日本が一夫多妻制だったとします。一妻多夫制でも良いです。

するとどうでしょう?必然的に今、浮気だ不倫だで肩身が狭い人は間違いなく、社会に貢献してくれるヒーローです。結婚をバンバンして、子供どんどん産んで、どんどんお金を落としてくれる。某アーティストや某お笑い芸人はそれこそ肩身の狭い思いをすることはないでしょうし、浮気調査なんて言うきな臭い仕事も存在しないし、慰謝料だなんだのトラブルもないし、それこそ女の勘なんていうのも発動させなくても良いでしょう。

逆に、一人としか結婚しない人は肩身が狭い思いをするでしょう。複数の家庭を持っている友人から
「少しは浮気性があれば良いのに・・・」
なんて言われるかもしれません。

というか、一夫多妻制とかなら、そもそも不倫や浮気という概念がないかもしれないので、あるのは結婚と恋愛中という定義だけかもしれません。それはそれで非常にピュアで汚れのない世界かもしれませんし、浮気相手との修羅場なんていうものも無いでしょう。

現代でも、一夫多妻制の国は存在し、その国にも浮気という概念が存在するかもしれませんが、現代の社会をみれば、やはり力ある人に全てが行く傾向にあると思います。特に恋愛や異性との交際においては、全ては当人同士の問題で、税金とか社会保険料の様にお国の主導で富の再分配なんてありません。文字通り自由恋愛で魅力的な異性に群がるのが世情です。

それならそれで、力ある人は自由にさせて、そうじゃない人はその人の力に乗っかるというのも良いのかもしれません。

そんなことすると社会秩序とか倫理観が崩壊するのかもしれませんが、意外と日本人はお上に従順だから、すんなり一夫多妻制なり一妻多夫制を受け入れるかもしれませんね(笑)こんなのは夢みたいなものですが・・・。

ともかく、力ある人の活力や体力を奪うような風潮って本当に嫌です。浮気だ不倫だで騒がれている人をみるとそのように思います・・・。たまに不憫に思えてならない。

金持ちから金を奪っても、みんながそこそこ金持ちになれるわけでもなく、貧乏人が増えるように複数人と交際できる人からその力を奪ってもあるのは社会の活力の低下なのかもしれません。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする