消毒液のおすすめは保湿性が高くしみない無臭のパームビューティー

スポンサーリンク

近年、体調管理や風邪・インフルエンザ予防などの意識がかなり高まっています。数年前までは、アルコール消毒液を見る機会は殆どなかったのですが、最近はスーパーやショッピングモールやデパート入り口、企業のエントランスホールなどでは必ずと言って良いほど、アルコール消毒液が置かれています。

ウイルス殺菌、インフルエンザ対策には手洗いとアルコール消毒

最近はアルコール消毒液を置いている所がたくさんありますが、そもそもインフルエンザ対策はアルコール消毒だけで良いのでしょうか?これらの予防に関しては、厚生労働省のインフルエンザQ&Aでは、以下のような案内がされています。

【インフルエンザの予防・治療について】

Q: インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?

インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。

1) 流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されており、日本でもワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

2) 外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

3) 適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

4) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

5) 人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。

上記の2)で書かれている様に、インフルエンザ及び感染症の対策には、流水や石鹸による手洗いが基本であり、アルコールによる手指衛生も効果があると謳っています。

つまり、しっかり手洗いをするというのが基本でしょうし、それに加えて、アルコール消毒をしっかりすれば、感染症やウイルスによる体調不調のリスクは大幅に減らせるでしょう。(ちなみにですが、この手洗いも手首までではなく、肘(ひじ)までしっかりした方が良いという意見もあります。)


おすすめのアルコール消毒は?

今現在、アルコール消毒液はたくさんあります。仕事柄色んな所に行くのですが、手ピカジェルアルボナース を置いている所はたくさんあり、これらが人気なのかも知れませんが、筆者の心の琴線に触れたものがあります。それが、ヒアルロン酸配合のアルコールジェルパームビューティーです。

このパームビューティーは本当に保湿力が高いのですが、しっかり手指に擦り込めば、すぐに乾きます。ジェルタイプでポンプを1回押せば適量が出るのが良く無着色・無香料です。

加えて、ヒアルロン酸配合で、肌に優しいので、アルコールによる肌荒れ・手荒れを心配する方にはおすすめでしょう。

価格は市販で流通しているアルコール消毒液より高いですが、研究や産業、介護や医療の場で流通しているものなので、質は良いと思います。実際、他のアルコール消毒液にある、アルコール特有の匂いがしないのが良いです。

最後に

パームビューティーは普通に暮らしていく中では、あまり見かけないアルコール消毒液かもしれません。だからといって、決して悪いものとは思いません。もし、市販の物では物足りないとか色々アルコール消毒液を試している方、良いアルコール消毒液を探している方は、ある一定の業界でしか流通していないモノを手に取るのも悪くないかも知れません。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする