肌に優しい無添加石鹸のおすすめはシャボン玉石鹸一択!

スポンサーリンク

手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]

昨今の風邪の予防、消毒、健康管理等に対する需要の高さから様々な場所で消毒用のアルコールスプレーが置かれています。仕事柄、あらゆる企業に行くのですが、受付や窓口やトイレ、手洗い場で頻繁に消毒用のアルコールスプレーがあります。自社の従業員の病気予防や他者への感染を防ぐという面から置かれているのでしょう。

それと並行して置かれているのが石鹸です。固形の石鹸からバブル(泡)タイプのものまで置かれており、社会的に衛生面を気にする傾向にあるみたいです。中でも最近は無添加石鹸が多く、肌に優しい石鹸が好評みたいです。そこで、今回は肌に優しい無添加石鹸を取り上げてみます。

無添加とは?

最近の健康ブームからか無添加という言葉をよく耳にすると思います。無添加食品、無添加化粧品等々・・・。この無添加という言葉はその商品によって意味合いが変わってきます。

食品に関しては食品を製造・加工する際に使用する甘味料、着色料、香料、酸化防止剤等が添加物になり、これらの添加物を使われていない物を無添加食品と言います。食品に「無添加」と表示されていると、上記の添加物を使っていない様に考えるかもしれませんが、実際は、そうでないこともあります。

化粧品に関しては石油から合成・作成された成分で、香料や防腐剤、合成界面活性剤などが添加物に該当し、これらを使用していないものが無添加化粧品にとなります。しかし、近年新しく出来た成分もあり、それらの成分の中にはまだ安全が約束されていないものもあり、無添加化粧品に関しては、一般的な安全なイメージとは、少しかけ離れている現状もあるようです。

ある調査によると、無添加の意味を知らない人は71%もいたそうで、このことから、多くの人が無添加=安心という風に考える人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。添加物の代わりの物となる科学的な対応を行っている場合もあります。よって、無添加という表示だけでなく、どの成分が無添加なのか、その代用品として何が使われているのか知る必要もあるようです。

シャボン玉石鹸一択!

さて、本題の無添加石鹸に関してですが、合成界面活性剤、合成着色料、防腐剤等の合成化学物質が入っていない石鹸の事を指します。これらの合成化学物質が入っていないことにより、肌に負担なく、余分な皮脂だけを落とし、潤いを保つ、肌トラブルがあっても安心して使える等の利点があります。

では、世の中に数ある無添加の石鹸でどれが良いか。オススメはシャボン玉石鹸です!

シャボン玉 化粧石けんシャボン玉浴用 100g×3個入り

シャボン玉石鹸の商品の特徴は

①ふわふわした弾力のある泡立ちが魅力
②汚れを洗い流した後も天然の保湿成分で肌がスベスベ

です。

このシャボン玉石鹸は日本最大の美容情報総合サイトの@cosmeでランキング第1位を獲得したり、無添加化粧石けんのシェア率No.1だったりでその人気と品質は確かです。また、無添加石鹸の特徴を活かして、ベビーソープ等も販売しており、子供向けの無添加石鹸も品揃えが豊富です。

最近では泡タイプのノズル型の商品を色んな場所で見かけます。

このバブルガードを頻繁に使うのですが、感想としては、さっと汚れを洗い流せるのが良いと思います。シャボン玉石鹸には他にも無添加の洗顔やシャンプーやリンス、歯磨き粉等もあり、そのバリエーションは豊富です。もし敏感肌や肌のトラブルに悩んでいる方、人気のある無添加石鹸やシャンプー、リンスを探している方はシャボン玉石鹸の商品を試してみてはいかがでしょうか?

それでは!

スポンサーリンク

フォローする