税金の種類を増やしてどうするの?独身税やデブ税なんて要る?

スポンサーリンク

最近のニュースを観ていると今存在する税金の率を増やすのではなく、税金の種類を増やす・増やしたいというクレイジーな勢力が存在するようだ。

デブ税の考案者はガールズトークというサイトの20代のある女性の投稿が発端だ。

デブ税として、公共交通機関でのデブの運賃倍制度導入希望!デブは、運賃を倍支払うべきです。

その理由として

  1. 満員電車など、太った人のせいで窮屈な思いをさせられるケースがある
  2. 一人で二人分の座席を使っている場合もあり、迷惑だ
  3. 宅配便でも、重い荷物や大きい荷物はその分の送料を請求される

とのこと。こんなのはただの僻みや嫉妬やストレス解消でしか無い。百歩譲って、デブに対して運賃を割高にするのは良いが、これはその太っている人の公共交通機関の値段を上げればいいだけで、税金でどうこうするものではない。

で、これが発端なのか分からないが、朝の情報番組フジテレビ系列の「とくダネ!」でもこのデブ税を取り上げていた。まぁー海外にもFAT TAXはあるにはある。アメリカはソーダ税が既に存在するし、UKは砂糖税が導入される予定だ。

ママは独身が羨ましい

で、新たに独身税なるものを考案・導入したい勢力もいるみたいで・・・

かほく市ママ課「独身税」提案 財務省主計官と懇談

子育て中の女性でつくる「かほく市ママ課」と、財務省の阿久澤孝主計官(元石川県総務部長)の意見交換会は29日、かほく市役所で開かれた。ママ課メンバーは「独身税」の創設や医療費削減に関する思いを伝えた。ママ課は市のプロジェクトの名称で、30~40代の女性7人が参加した。

メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と述べた。課員はこのほか、健康な高齢者が多い自治体では税負担を下げる仕組みの導入や、たばこ税増税などを提案した。

冒頭、阿久澤氏が国の財政状況や社会保障費が増える見通しを説明した。「北陸財務局キャラバン」の一環として企画された。

引用:ヤフーニュース

このママ課のメンバーは普通とかまともなのか?というか、これが世論とか国民感情なのか?それなら、上記の阿久澤さんが可哀想に思えてならない。こんな訳の分からない提案をされるのだから。局内でのストレスだ突き上げだなんだあって、外で気分転換しようと出回ったら、こんな提案や意見をされるとなると、彼にゆっくりする場所があるのだろうか?

自分の負担さえ増えなければいい

このデブ税や独身税の考案者の根っこには自分の負担は増えずに、かつ、自分の生活が豊かになればいいという考えしかない。この考えが許されるなら、ガリ税や既婚税だって許される。理由なんてなんでも良い。ガリガリで見るに耐えないから普通体型にすべきだ!とか結婚して幸せなんだから独身にその幸せをお金という形で還元しろ!とか。結局やっているのは負担や不幸の投げ合いなのであって、税金納めて国の財政が健全化することなんて頭の片隅にもない。わいみたいな日本でしか生きていけない様な層こそ、自国で今後どう過ごすか?とか考えるべきなはずだが・・・。

というか彼等・彼女等は暴力団税とかお年寄り税とか思いつかないのだろうか?彼等こそ、しれーっと優遇されているそうである。暴力団やハングレ組織は違法なものを売買する際、主に現金となり、そこに税金なんてない。老人に至っては社会保障や年金で若い世代より優遇されているのだから、そこから徴収したって良い。

何故、自分の目に見える範囲からしか税を徴収しようとしか考えないのだろうか。通称・闇マネーに税金を掛ければ貴方の生活は少しは豊かになるはずだ。

平等に不平等を負担する税

結局、新しい税の種類を作ればそこに群がる人間が多く出て来るのは常だ。となると、自身の生活がより豊かになるなんていうのは幻想でしか無い。デブ税だ独身税だ考えるのも良いが、普通に消費税を上げれば済むだけと思うのはワイだけか?消費税は唯一平等に不平等を皆で負担出来る税だ。そこに金持ちも貧乏人も既婚者も独身も老人も子供も男も女も国籍もない。(海外の旅行者は除く)確かに一般ピーポーのわいには重荷なのは確かだが、それは皆一緒である。

日本の学校教育や日本の社会で「皆で一緒に」とか「皆で連帯・協力して」何ていう風に教育されているのだから、消費税でこそそんな価値観を共有すべきではないのだろうか?一人だけ抜け駆けするのを許さない!なんて思うならなおさら、消費税こそ思想にあった税の種類だと思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする