ニコニコの生主を通して起業する人の5つの特徴を挙げてみる

スポンサーリンク

ニコ生や配信で人気がある人、人を集めれる生主は個人事業主として売上を作り、生計を立てつつ配信をしていると思います。もしくは、タレント的な要素も含んで活動しているでしょう。ワイにもそこそこに起業している・個人事業主の知人もいます。

そこで、今まで見てきた生主で起業した人・リアルでの知人で起業した人のワイが思う5つの特徴を書いてみようと思います。

社会の亜流

起業しようとか自営業しようなんて言う人は悪いですが、(日本・日本国民の志向・常識の括りの中で)それはそれで社会の亜流です。一流大学行って→有名な会社に就職して→そのまま定年を過ごして・・・という、(夢幻的な)価値観が良いと思う国民性ですからね。良くも悪くもそのレールから外れた人達ですし、起業に無関心が7割も割合を占める国民性です。そういう意味では社会の亜流であるのは間違いないでしょう。

わがまま・自分勝手・マイペース・したたか・がめつい

組織に属していれば、どうしてもマイペースは無いです。そうなると、自分のペースで仕事したいので、起業したりするわけです。稼ぐも稼がないも自分次第ですから。また、優秀な人ほど起業する・その道に邁進すると言ってもいいでしょう。

自営業したい・起業したい等を家族だ友人だに言えば、「正気?」なんて言われ、それを押し切って起業するのだから、まぁーわがままとか自分勝手ですよね。

あとは、なんだかんだ強か(したたか)だと思います。配信で稼ぐ人達は配信界の話題にスグに食いついてお金にしたりしますし、現実のそういう人達も強かに動いている様に思うので、そこは共通していると思っています。

余談ですが、知っている社長は起業し、銀行に口座を作りに行った際に、銀行の窓口の人に「本気ですか?起業って大変でしょ?」みたいな事言われたらしいのですが、プッツンきちゃって、「お前は起業したことあるのか?ないのにグダグダ言うな!」って言ってやったそうです。そんな社長は今や数百人も雇用してます。(1代で)

単純

思考が単純です。無鉄砲というか失敗を恐れてないというか自暴自棄というか・・・。この日本の教育システムや雇用慣行の中で独立したい・起業したいなんて考える人は良くも悪くも、そういう日本の教育システムに馴染んでなかった人、もしくは、ある時にキレた人だと思うのです。

単純なんて書き方をすれば語弊があるかもしれませんが、ともかくシンプルです。だからこそ、人気だったり生計が建てられているのかもしれません。



ハマったらとことんそれしかしない

好きなことが出来たらそれしかしない人。それしか頭にない人。こういう人はバロメーターが尖っておて、他はからっきしダメだけど、そのハマっている事をさせたら一目置かれている様な気がします。この気質は生主に多い気がします。ワイの周りの起業した人には、このタイプはあまりいない。これは配信で生計を立てる為に重要な要素かもしれません。

自分を信じている人

起業するなり、個人事業主するなり、組織から外れて、レールを外れて歩むとなれば、結局全てが自分に帰ってくる。体調崩しても仕事しないと金にならない。有給など無い。(日系企業の有給休暇取得率低いけど)お金の管理も自分。確定申告や税金の事も自分・・・。全て自分です。

となれば、組織を信じるとかはなく、結局自分を信じているか否かだと思います。なんだかんだ、最後は自分と考えている人とか自分を信じる力がある人、自分の人生は自分の物と考えて、動きたい人が多いと思います。

そして、何よりもこれが一番大切だと思います。ワイの知人の起業した人も配信で喰っていく配信者もこれが根本にあると思っています。良くも悪くも自分次第だと思っているし、思っているはずです。

最後に

配信で喰っていく人達は凄いバイタリティがあると思います。特に配信者は他の配信者も観て、学ぶということも有ると思うから、一日配信のことを考えているかもしれません。それでも配信を生業としているのは、これらの特徴があるから続けられているのと思います。ワイもそうですから・・・。

それでは!

by カエレバ

スポンサーリンク

フォローする