災害の時にも役立つ!普段から車に載せた方が良い6つの日用品グッズ

スポンサーリンク

車には普段から載せていた方が良い日用品やグッズが数点あります。またそれらは、近年、多く発生している豪雨や水難などの自然災害にも役立つものもあります。基本的にはそのような場合は近くの避難所に避難するのがセオリーですが、他方で自主避難の選択肢として、車内で過ごすという方もいるようです。もし、車内で一夜を過ごすとなった場合でも使える、これだけあれば良いという日用品やグッズなどをまとめてみます。

車に載せてたほうが良いもの一覧

タオル
着替え
シガーソケット・USBケーブル
割り箸
ウエットティッシュ
タオルケット

これらが最低限、普段から車に載せていた方が良い用品やグッズになりますし、実際に車にこれらを載せています。

タオル

タオルは必ず車に載せていた方が良い日用品です。いざという緊急時に限らず、普段から載せていて良いグッズです。というのも、雨に濡れた際に拭けばスッキリしますし、汎用性や使用率が高い日用品です。車に載せるならば、1つで良いですが、その種類はスポーツタオルが良いでしょう。厚手な上に、バスタオル程の大きさでもなく、フェイスタオルなどの小ささでもない中間的なサイズだからです。これだけでは不安という方は、バスタオルも載せていても良いかもしれません。

着替え

着替え(シャツ・ズボン・パンツ)も必ず載せたほうがいいです。豪雨の時などは濡れて体調を崩すなどありますし、また、気分転換やストレス軽減という意味でも着替えは必要です。着替えに関しては、速乾性の高いシャツや半ズボンなどがおすすめです。濡れてもすぐ乾くなどの利点があり、回転率が良いからです。また、状況や車の種類などにもよるのですが、最低でも1セットはあった方が良いです。

シガーソケット・USBケーブル

スマホの充電が無くなれば、連絡が取れないとか暇が潰せないとか情報を得られないなどの問題が起こります。最低限、スマホのバッテリーを切らさない為にも、シガーソケットと車内専用のUSBケーブルはあった方が良いです。

割り箸

これは少し以外に思った方もいるかも知れませんが、車内で過ごす際に食事はあるものの、その時にないのが箸だったりします。日常の中でも食べ物はあるけど、箸がないという経験を誰もしたことがあると思います。従って、スムーズに事を進めるためにも、箸は車内に乗せておいても良い日用品です。

ウエットティッシュ

ウエットティッシュも普段から車に載せていると思いますが、これもいざという時に汎用性が高いグッズです。できればアルコール性のウエットティッシュを載せておく置くのが良いかもしれません。

タオルケット

車内で夜を過ごすとなれば、仮眠程度の睡眠は取ります。その際、タオルケット1枚あれば十分です。というのも、夏は車の冷房がありますし、冬は暖房があります。室温調整が出来るので、あくまで軽く羽織るという意味でタオルケットで良いでしょう。

最後に

ここまで、いくつかの車内に載せていた方が良いグッズを挙げてきました。これらは結構、軽装備と感じる人もいるかも知れませんが、それには理由があります。

それは、普段の車内のスペースを圧迫しないという事です。避難の時を考えて、あれやこれやを車に積むのも良いかもしれません。しかしそうなれば、日常で車を使う際に、それらが邪魔になり、それはそれで日常の方のストレスになります。あくまで、身一つで移動する事と日常の車の使い方でストレスにならないという事を考えた時、これくらいの軽装備の方が良いです。

むろん、これらの装備や用品では長期間車内で過ごすことには適さないし、あくまで普段から載せておけば、いざという時にちょっとは役に立つ日用品です。そこの点だけ留意してください。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする