迷惑配信者と運用の見直しと進歩

スポンサーリンク

ニコ生における配信規約が厳しくなったみたいな話を聞く。実際、横山緑ことくぼた学次期市議会議員の放送も規約違反で入会禁止処置がとられていた。

こういう運営の対応にチャンネル放送を持っている配信者達が「自分みたいな迷惑配信者を追い出そうとしている、消えて欲しいんだ」みたいな事を言ってる。追い出そうとしているのかは定かではないし、これから書くことは結果的に同じなのかもしれないが、今の運用では今の日本の風潮や情勢を総合的に鑑みて、今の配信のスタイルや規約ではニコ生が無くなると判断したから色々踏み切った。私情ではなく実情に沿った運用に変えた。というのがワイの意見だ。

これまで配信者はネットの中だけの活動がメインだった。家の中で雑談したりゲームしたりがメインだったが、ポケットワイファイの登場やスマホを使っての配信、その他のサービス向上で外配信しやすい状況というのは昔に比べて整っており、外配信やリアルとつながる放送も増えた。(外配信の割合が増えたという資料があれば載せたいがそんなのがない。あくまで予想)そうなれば、当然今までの規約では運用しきれない部分も出てくる。

そこで、規約を改めるとか運用を見直すなんていうのは企業としては当たり前の話で、配信者がニコ生とか配信というの名を使って、社会とつながる以上、ネットのテンションをリアルに持ち込んでおいたが過ぎれば、ニコ生とかドワンゴが社会から吊るし上げられる。そんな事態になれば、サービスの停止なんて事はありえるし、当然配信する場も観る場なくなるわけだ。もし、私情で追い出されるなら、散々運営に放送で文句言ってるのだからとっくに追い出されているはずだ。

ということで、ワイは実しやかに言われている、「何か運営が自分達(迷惑配信者)が邪魔だから追い出そうとしている」なんていう妄想と思っており、サービスの向上やネット環境の変化、技術の進歩で配信者や配信スタイルも変わるなら当然、こちらも色々考えなければなりませんという、普通な考えで運営が見直されるだけだと思っている。これらはワイの妄想でしか無いが、こういう意図で運用を見直しているなら、実に柔軟に対応出来る企業だと思う。

もし、規制強化が嫌なら、おとなしく部屋でネットの中でだけ迷惑配信とか電波芸者っぷりを発揮すればいいだけだし、もし、規制強化されてもリアルと繋がりたいと思うなら、その社会のルールと運営のルールに従ってやればいいだけの話だ。何なら、ニコ生以外に活路を見出すという手段もある。むしろ、そっちの方が配信としての幅は広がる。なにはともあれ、多くの配信者が今の運用でも普通にやっていることだし、特別難しい事を要求しているわけではないと思う。

ワイは規制強化とか運用ルールの見直しは良いとも思わない。どうせ、厳しくしたってそれはもっとアングラ化するだけなのだから。実社会の例として、反社会的勢力を法律で縛った所で、半グレ化してもっと実情は悪くなるという実態がある。

しかし、アングラな部分がニコ生のコアって考えている配信者やリスナーはこういう規制の強化でその良さが復活するなら、ニコ生を利用する多くの人が望んでるものを再び与えるだけでそれはそれで良いのではないだろうか?

何にしろ、今までユーザーがニコ生に払って貰っていたツケを精算する時期になったのだと思うし、形骸化した規則や運用を残しても誰も得をしないのだから、迷惑配信者と言われる配信者や認識している配信者に今後の身の振り方を考えさせる良いきっかけになると思う。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする