ネット放送・配信は稼げるのか?副業という観点も踏まえて考察する(前編)

スポンサーリンク

今やネットで稼ぐのは誰しもが知るところであり、本業・副業問わず色々ある。転売にYouTubeへの動画投稿による広告収入、アフィリエイト、FX等々・・・。色々グーグルで調べてみれば、ネットで稼ぐ手段として、大概こういうキーワード・ジャンルが出てくるのだが、その中にネット配信・ネット放送というジャンルは見かけない。実はこれから来る副業なり、ネットで稼ぐ方法としてネット配信もあるのではないか?とわいは思っている。

そこで長年、インターネット配信を観てきたわいの視点からネット配信は稼げるのか?稼げないのか?副業として稼ぐ時にどうなのか?というのを考えてみる。

ネット配信は稼げるのか?

ずばり、結論から言うと配信サイトとその配信者次第だ。こんなこと言ったって、身も蓋もない話かもしれないが、ともかく、稼ぐ人と稼げない人の差が結構あるのだ。それも同一人物がAというサイトで配信したら10万だが、Bというサイトで配信したら40万以上というような具合だから。

まずは日本の大手配信サイトのニコニコ生放送で考えてみる。

ニコニコ生放送は稼げるのか?

ニコ生で稼げるのか?と聞かれれば、他の配信サイトに比べて、稼ぎ辛いというのが率直な意見だ。何故なら、ニコ生のユーザーは課金や投げ銭に凄い拒否反応があるし、運営自体も放送で稼ぐというシステムを構築しきれてないからだ。

一応、ニコニコ生放送にて一番手堅い稼ぎ方がある。それがユーザーチャンネルだ。これは放送主が自身でニコ生内でチャンネルを開設し、そのチャンネルにユーザーが月額料金を払って、会員限定のコンテンツを観ると言った具合だ。このユーザーチャンネルの放送だけ(動画投稿勢は含まない)の平均手取り・稼ぎは20万といった所だ。(様々な生主がたまーに話すチャンネル収入を聞いた結果)

これが多いと考えるか少ないと考えるかは人それぞれだが、この20万を稼ぐために多くの生主の放送歴が6、7年かかったり、炎上なり身バレのリスクがあるのは多くのニコ生ユーザーは把握している。更に、ユーザーチャンネルの取得の条件にネット活動の人気度やニコ生内での知名度、配信歴等が考慮されるので、安々とチャンネルが取れないだろう。更に更に、ニコ生特有の匿名による誹謗中傷等もあり、配信する上で精神的にタフというのも求められる。

稼ぐのに6、7年かかったり、チャンネル簡単に取れないって気安くニコ生で稼げないじゃないか?と思った方に・・・。

最近、クリエイター奨励プログラムというのがニコニコ生放送にも適応された。このクリエイター奨励プログラムとは簡単にいうと、その放送(1枠)の人気に応じて、ポイントが加算されていき、そのポイントが換金できるという具合だ。

これなら、ニコ生のアカウントがあれば少額ながら稼げるだろうし、観る側に金銭的な負担を求めないし、何より総会員登録数が2015年時点で5000万人(複数アカウントも含む)という抱えるサイトだから、他のサイトに比べて視聴者に困らないという利点はある。(ドワンゴプレスリリース

まとめ

ニコ生で稼げるか?といえば、他のサイトに比べては稼げないだろう。ただし、ニコ生は良くも悪くも匿名の文化なので配信を始めるには精神的な面では始めやすいし、他の配信サイトに比べてユーザーが多いから視聴者に困らないと思う。

ニコ生で稼ぐというより、ニコ生を使って、配信のコツ・稼ぐコツを掴む、リスナーを自分の配信に取り込みつつ、ちょこっと稼ぐみたいなニュアンスで配信で稼ぐのが良いとわいは思う。

幸か不幸か、近年は年月に関わらず、2、3年でこの金額を稼ぐ生主もいるし、潜在的に「それ以上稼げる力のある生主」も存在していると思っている。

有名配信者になり、名を挙げるのは意外にシンプルで、毎日、同じ時間帯に長時間コツコツと配信するだけだ。何も20万も稼ぐ人達は皆が皆凄い才能が有るわけではない。そういう意味では配信で稼ぐというのは敷居は低いと思う。

↓ニコニコ生放送リンク↓


次は他の配信サイトで稼ぐことを書いてみる。

それでは!

後編はこちら

スポンサーリンク

フォローする