ネット放送・配信は稼げるのか?副業という観点も踏まえて考察する(後編)

スポンサーリンク

前編でも書いたが、ネットで稼ぐは今や誰しもが知るところであるが、どうもまだネット配信で稼ぐというのは浸透していない様に思われる。配信による身バレのリスクがあるというのは確かに理解できるし、配信黎明期は配信で稼ぐというシステムや考え方が構築されていなかったというのも原因だろう。それでも、これからの稼ぎ方として配信は悪くないと思う。

LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t

前編の記事では配信界の雄・ニコ生で稼げるのか?稼げないのか?という事を書いた。今回は最近ちょこちょこ耳にするオープンレック・ふわっちというサイトを軸としてこれらのサイトでの現状・稼ぎを書いてみる。

雑談で稼ぐならふわっち

2017年からニコ生内でも話題になっている配信サイト。高画質配信とリスナーからのアイテム送信(投げ銭)が一番の売りと言っていいだろう。しかも、ニコ生の様にプレミアム会員にならなければ配信できないというようなこともなく、無料で配信できる。

ニコ生から流れてきた大手配信者はここで、月300万稼ぐものもいれば、30万稼ぐものもいる。ふわっちで稼ぐ流れとして、リスナーが配信者に送ったアイテムがポイントに変わり、ポイントは1ポイント1円に換金できる。ふわっちポイントはアイテム種類によって金額が変わる。

以下に大まかなアイテムのポイントを書く

風船1個=0.6pt
バーガー1個=6pt
ハート1個=12pt
クラッカー1個=20pt
パフェ1個=180pt
メッセージカード1枚=240pt
花火1個=540pt
大花火1個=990pt
バースデーケーキ1個=1,750pt

ふわっちにもゲーム配信できる環境はあるが、配信者とリスナーの認知度としてはふわっちは雑談系がメインと考えている人々が多そうだ。現状、わいが知る限りでふわっちで稼いでいる配信者も元々はニコ生で配信していた人間が多い。これらの理由はニコ生でコツコツ配信を続けてファンをつくり、そのファンをごっそり、ふわっちの自分の配信に持っていった。という背景があると思う。

よって、いきなり配信を始めて、ポンと稼ぐというのはないし、ふわっちはリスナー数も他のサイトに比べて現状少ないので、最初は視聴者数の確保に苦労するだろう。しかし、ニコ生より稼ぎやすい環境は整っているで雑談で稼ぐという点では良い思う。

ゲーム配信に特化したオープンレック

最後に書くのはオープンレックという配信サイト。この配信サイトはゲーム実況やゲーム配信に特化した配信サイトだ。こちらも最新の高画質HDのゲームにも対応できる画質とコメント機能がある。人気な放送としてSplatoon (スプラトゥーン) PUBGポケットモンスター ウルトラサンポケットモンスター ウルトラムーンが挙げられる。

オープンレックの一番の特徴として質が一番のウリだろう。オープンレックの運営から放送権限を与えられた人しか放送できないため、配信者の質は保たれている。また、任天堂のクリエイターズプログラムにも対応しているため、収益化が可能な任天堂のタイトルリストに載っているゲームを配信すれば、収益化が可能だ。

放送者権限を得る詳しい条件は不明で、いつでも気軽に配信者になれるわけではないが、一般募集している期間もあり、それに申し込み、審査に通れば配信者になれる。審査も通りやすいとのことだが、配信経験を求められるので、それなりの数のニコニコの生主がオープンレックに活躍の場を移している現状も有る。よって、放送者権限を得やすくするために、ニコ生やふわっちやYouTubeLiveで配信経験があると良いかもしれない。

権限が与えられた後はメーカーやオープンレックの規約に違反しない範囲ならどんなゲームも配信可。ただし、まだまだ規約内のゲームタイトルが少ないため、自分がしたいゲームで配信するというのが厳しいという現状だ。また、ふわっち同様にまだまだリスナー数も少ないため、いきなり稼ぐというのは無理だし、視聴者の確保に苦労するだろう。

オープンレックでの収益を得る方法もふわっち同様にアイテムによる投げ銭で、アイテムはエールというのになる。これは運営からの正式な見解がないが、噂によるとエールの配分は配信者側には約3割入るで運営が7割持っていくようだ。

また、直近オープンレックもプレミアム会員制度が始まったようだ。

まとめ

前編・後編で書いた配信での儲け方やサイトの話をまとめると現状は

①ニコニコ生放送かYouTubeLiveで配信を始める。この目的は他のサイトに比べて多いリスナーを自分の放送に取り込むのがメインで、配信に慣れたり、放送を盛り上げる事コツを知る。また、それなりに収益化出来る面もあるで、ちょこっと稼ぐ。

②自分のファンがある程度ついたら、ふわっちやオープンレックでも配信を始めて、リスナーからアイテムによる支援をしてもらう。

以上が、稼ぐ上での一般的なキャリアになると思う。実際、配信で稼いでいる配信者は大概この道を通っている。ただし、いきなり、20万,30万稼いでいるわけでない。皆コツコツと同じ時間に毎日配信して、長い年月をかけてここまできたというのが現状だ。

簡単に稼げるか?といえばノーだと思うが、特殊な稼ぎ方とか楽しみながら稼ぐという意味ではいいと思う。また、最近は配信者になる人数が減っているので、面白い配信をすればすぐにリスナーが増える現状もあるので、昔よりはチャンスは多いと思う。

こう考えると配信で稼ぐというのはこれからじわじわくる稼ぎ方や副業になりうると思う。

それでは!


スポンサーリンク

フォローする