バレエの井本彩花(グランプリでドラマデビュー)と玉田志織(審査員特別賞)

スポンサーリンク


2017年8月8日に第15回全日本国民的美少女コンテストの本選大会が東京都で開催されました。今年の国民的美少女コンテストのグランプリに選ばれたのが井本彩花さん。審査員特別賞に選ばれたのが石井薫子さんと玉田志織さんです。応募総数8万150通の中から彼女らがそれぞれ賞を受賞したわけです。このコンテストはオスカープロモーションが主催しているコンテストで、女性タレント発掘の為の公開オーディションみたいなものです。

この度、グランプリに選べれた井本彩花さんは12月7日の「ドクターX」の第9話にメインゲストとして登場し、プリマを夢見るバレエ少女を演じます。井本彩花さんは8月に賞を受賞してから、3ヶ月という異例の速さでTVデビューです。

全日本国民的美少女コンテストとは

オスカープロモーション教育全集・モデル編 [DVD]

大手芸能プロダクションのオスカープロモーションが1987年から開催している、女性タレント発掘のためのオーディションです。ゴクミこと、後藤久美子を「国民的美少女」という触れ込みで売り出して、美少女ブームを巻き起こして、市民権を得た事で、後藤久美子さんに続く国民的美少女を発掘しようと毎年開催されています。

2011年に第13回大会が同年8月4日予定されていましたが、2011年の3・11の東日本大震災と福島原子力発電所の事故による社会情勢への影響で同年のコンテストが中止された歴史があり、今回の第15回大会(本選8月8日)は30周年の記念大会と行われました。

タレントの登竜門

このコンテストでは今をときめく女優やタレントが参加し、賞を受賞しています。第6回大会ではグランプリに佐藤藍子、審査員特別賞にはドクターXの大門未知子でおなじみの米倉涼子。第7回大会では、審査員特別賞に上戸彩、演技部門賞に橋本マナミ。第9回大会はグランプリに白鳥麗子でございます!で名を馳せた河北麻友子。以降の大会でも忽那汐里武井咲、吉本実憂などがいます。

大手芸能プロダクションのオスカープロモーション主催という事もあって、この大会は芸能界で活躍するタレントの登竜門的な役割があり、それなりの待遇と未来が半分約束されているようなものです。

井本彩花のプロフィール

名前:井本彩花(いもと あやか)

出身地:日本・京都府

生年月日:2003年10月23日

身長:162cm

スリーサイズ:78‐65‐88㎝

血液型:A型

趣味・特技:クラシックバレエ

上の動画を見ても分かるように姿勢が良いですね。これは特技・趣味のクラシックバレエの賜物なのでしょうか。スタイルが良いというよりも姿勢が良いので、存在感があるように思います。コンテストでは歌を唄ったのですが、音痴みたいです。今後はバレエという特技を活かしたドラマの役柄なり、バラエティでの活躍があるでしょう。

審査員特別賞の玉田志織とは

名前:玉田志織(たまだ しおり)

出身地:宮城県

生年月日:2002年2月20日(15歳)

血液型:A型

身長:160cm

特技:歌、金魚すくい、ダンス

過去、スターダスト芸能3部School Girlオーディション2013 ファイナルでグランプリを受賞した女の子で、中学時代は宮城県仙台市の芸能事務所のステップ・ワンに所属していたとのこと。この時からレッスンをしていたので、今回のオーディションで堂々と歌唱力・表現力を披露できたのかもしれません。

事務所の先輩へのリップサービス

受賞のコメントで井本彩花さんは「あこがれの武井咲さんのように、大人っぽくて、どんな役をあたえられてもできる女優になりたい」と言い、玉田志織さんは「憧れの米倉さんも獲った賞なのでとてもうれしい」とコメント。早くも事務所の先輩へのヨイショが始まってる具合です。

これから第二の上戸彩、第二の武井咲になるかもしれない2人。TV出演も今後は増えるでしょうから、期待の新人女優・タレントになるかもしれません。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする