ミニバン・ファミリーカーを購入する前に考える5つのポイント

スポンサーリンク

カーメイト 車用 車種専用 ドリンクホルダー 運転席・助手席セット 日産 セレナ用 C27系/H28.8~(ライダー系除く) NZ568
仕事柄、街中で頻繁にミニバン・ファミリーカーを見かけます。セレナとかヴォクシーとかステップワゴンとかそういう大きい車です。大概、運転しているのは既に結婚しているであろう女性で、その旦那様はセカンドカーの軽自動車で通勤をしているんだと思います。逆もあります。旦那様がファミリーカーで通勤し、奥様がセカンドカーの軽自動車で買い物や子供の送り迎えをしているとかです。

こういう軽自動車とファミリーカーを2台所有している家庭には、ある生活スタイルや未来予想図があると予想します。それが

「普段の買い物や通勤は軽で過ごし、ファミリーカーは今後、家族が増えた時や遠出する時、三世代で移動する時や家族総出のレジャーで荷物がたくさんある時に使う」

です。

その生活スタイルの為に、新車で最低でも250万もするファミリーカーをチョイスし、購入する。ノーマル(オプション無し)だと使い物にならないから、オプションだなんだと色々付けて、300万前後もするファミリーカーに仕上げて、その車を3年(36回払い)・5年(60回払い)ローンを組む。それほどまでして、そのファミリーカー要るの?って常々思うのです。

その未来って来るの?

上記に挙げた生活スタイルは実現できそうなのでしょうか?

「家族が増えた時の為に今このファミリーカーを買おう!」→そんなのは増えた時に買い換えた方が良いのでは?

大切なのは今の車の使い方だと思います。10年前までスマホなんていう便利なものが存在しなかったように、これから先10年もそのファミリーカー以上に安価で効率的な大人数の移動手段ができてるかもしれません。

「遠出する時、家族総出のレジャーで荷物をいっぱい載せたい時に必要だ!」→今までそんな場面は何回ありましたか?おそらく、盆正月の年二回でぐらいでしょう。というか、そんなレジャーするほど時間や経済的余裕ありますか?その車のローンもあるのに。

「家族三世代での移動に・・・・」→この核家族化の現代にその考えは少し時代錯誤ではありませんか?

結局、どれも日常的な使いやすさを考慮していない買い方・車の使い方なのではないでしょうか?

多くの人がイメージしているけど、多くの人が実現出来てない”幸せな未来”を考え、”将来はこうなっているはずだ”という未来を勝手に描き、ファミリーカーを買う。しかし、多くの人がそんな”幸せな観たい”や”将来”を迎えられているでしょうか?最後に残っているのは、ローンの支払いとディーラーのアフターサービスの口実の道具としての車ではないでしょうか?

ファミリーカーを買うなって言う意味ではない

ここまで、読んで「え?ファミリーカー買うのはもったいないって事?」という結論に至る人もいるかもしれませんが、そうじゃありません。

買う時点で子供が6人も7人も居る人や大家族ならこういう車で良いと思いますし、釣りやキャンプが趣味で日常的にファミリーカーを使う人や経済的に余裕がある人は本当に良いかもしれません。

ここで意味しているのは、来るか分からない未来を予想して、ローンを組んでまでファミリーカーを買うべきではないという事です。青田買いでミニバン・ファミリーカーの購入は一度落ち着いて考えたほうが良いという意味です。

持つは多大な費用が掛かる

常々思うのですが、「持つ」という事は金銭面、時間面、精神面で多大な労力を強いられると思うのです。

持てる=維持ができる=体力(財力)がある

であり、それを見越して色々な人がよって来ます。税金とか営業マンとかご近所さんとかママ友とか・・・。車を維持できるほどの体力や時間がある人なら持っていいでしょうが、そうではない人達は、持つこと諦めて、借りるっていう手段を選択したがいいなーって思います。

ファミリーカーに関しては、レンタカーならレンタカー会社にもよりますが、大体1日約2万4000円から借りれます。

よって、これからファミリーカーを買おうと悩んでいる方は、今の生活スタイルや直近1.2年の動きを思い返して、

①来るか分からない未来を想像して買おうとしていないか?
②主とする使用目的はどのくらいの頻度なのか?
③購入した方がお得なのか?
④要所要所でレンタカーしたほうが良いのではないか?
⑤維持費・車のローンを抱えても支障はないか?

これらの事を冷静に考えてみるのをお勧めします。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする