AUTOWAYに過去関係した人から見るAUTOWAYの輸入タイヤの評価

スポンサーリンク

最近、TVを観ていると華丸大吉がAUTOWAYのCMに起用されています。過去には石田純一もAUTOWAYのCMに起用されていました。わいは仕事柄、AUTOWAYに関係したこともありAUTOWAYで取り扱っているタイヤもいくつか見てきました。特徴が安い・激安という点です。AUTOWAYのタイヤの管理状態は非常よく、品揃えも豊富でした。これはタイヤに多く触れてきた現場の意見です。倉庫がでかいながらもかなり徹底した在庫管理・品質管理でした。

そこで現場からみたユーザーが良く購入していたメーカーをまとめてみたいと思います。

AUTOWAYとは

■株式会社オートウェイ■は、主に輸入タイヤの販売を行うカー用品店です。店舗を福岡県・熊本県と計3店舗あるが、主力はネット販売である。ネット販売の場合、全国約9000店の取付店がタイヤの取付を代行する。主力がネット販売である為、ネット上で注文を受けたら九州倉庫(福岡県苅田町)・関東倉庫(茨城県下妻市)・中京倉庫(愛知県豊橋市)から全国に発送される。

1941年創業のオートウェイでは、1999年よりタイヤの通信販売を開始し、通信販売での累計販売本数が1,600万本を超えるまでになりました。現在では年間180万本以上のタイヤをインターネットで販売しております。楽天市場、ヤフーショッピングの売れ筋タイヤランキングも独占中です。

また、AUTOWAYのネット上のCMは怖すぎるCMとして話題になりました。

以下の2つ動画はかなりドキッとするので、その点を了承して観てください!

スポンサーリンク



良く出ているタイヤランキング

6位 ATR SPORT

「ATR SPORT」は、グリップ重視のスポーツタイヤとしてアジアンタイヤでは定番です。アジアンタイヤに馴染みのない人はインドネシアでタイヤを製造しているのか、と疑心暗鬼になることあるかも。しかし、インドネシアは元来天然ゴムの生産で世界有数、各タイヤメーカーの工場も積極的進出を果しています。グリップ力のあるタイヤのためか4WDやSUV車ユーザーが好んで購入しています。
ATR SPORTタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

5位 NEXEN

NEXENは韓国のタイヤメーカーです。韓国内では第3位のシェアではあるものの、2016年実績では海外分を含め、年間約4,000万本のタイヤを販売しており、フォルクスワーゲンやフィアット、ルノーなどのヨーロッパの自動車メーカーの純正装着用タイヤにも採用されています。タイヤのバリエーションも豊富で品質も触った感じ問題はなかったです。

NEXENタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

4位 Economist

AUTOWAYのプライベートブランドであるEconomist(エコノミスト)は軽自動車に特化したタイヤであり、インドネシアで製造しているコストパフォーマンスに優れた高品質なタイヤです。このシリーズは経済性、耐久性に優れたタイヤです。転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、優れた燃費性能と経済性を発揮します。こちらは一般ユーザーよりは自動車修理工場さんなどに好まれているなーと思います。

Economistsタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

3位 ZEETEX

最近、急激に入荷・出荷しているZeetex。Zeetexは、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーであるZAFCOのプライベートブランドです。こちらもNEXEN同様に様々サイズのタイヤを揃えています。触っている感じだと他のより重量感があるかなー?って思います。

Zeetexタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

2位 NANKANG

NANKANG(ナンカン)は台湾のタイヤメーカーで低価格・コストパフォーマンスが売りで、日本製よりも18インチ以上のインチアップサイズが非常に豊富なこともあり、VIPカーやカスタムワゴンのユーザーが多く愛用する人がいます。実際に多くのカスタムカーを扱っている店舗に多く出荷しています。

NANKANGタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

1位 HIFLY

ともかくよく出るのがHIFLYです。その理由も明確で安いからです。他の輸入タイヤも安いのですが、それよりも安いからです。805と201シリーズを見ない日はありませんし、これからはWin-turi212も出始めるのでしょう。HIFLYは中国のタイヤでアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって、日本へ供給されています。HIFLYは北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売されている人気商品です。中国のタイヤだから、他のタイヤに比べて安いと分かれば納得ですね。

HIFLYタイヤ購入はこちらから

楽天でのネット店舗もありますので、そちらからも商品を選べます。
楽天市場

最後に

AUTOWAYは何もアジアの輸入タイヤだけではありません。MOMOもありますし、PIRELLIもあります。むろん、国内のブリジストンやダンロップやヨコハマタイヤもあります。送料もタイヤのような荷物にも関わらず全国一律1080円(税込)です。

この機会にネットでタイヤを買うのも賢い選択だと思います。というか、もうみんなタイヤをネットで買っているから毎日山のように出荷されてるんだけど・・・

それでは!



スポンサーリンク

フォローする