何であの配信者はYouTubeのチャンネルを持ってないの?って思ったら読む記事

スポンサーリンク

YouTubeは動画サイトという認識はもう昔の話で、今はYouTubeLiveという配信サービスもやっており、そのサービスは多岐に渡っている。配信の世界でもYouTubeというのは、今後主流になる1つのサイトだと思う。当然、ニコ生の配信者やその他のサイトの配信者はここぞとばかりにYouTubeで配信したり、チャンネル登録をするし、している。

しかし、そこそこ名前の聞く配信者であるにも関わらず、何故かYouTubeチャンネルに登録していない、もしくは、YouTubeの活動が疎かになっている配信者もいる。一体なぜ彼らはYouTubeで活躍しようと思わないのか?(YouTubeLiveと他のサイトとの同時配信するスペックがない、そもそもどうやるのか分からないとかいう配信者はそれ以前の話なので、ここでは割愛)

迷惑配信者だから

YouTubeは完全に広告収入を得ている配信サイトで非常にイメージを気にしている。ちょっと痛い事したり、世間的によろしくない事をすれば、悪いほうでYouTubeが話題になる。そうなれば広告会社が撤退するわけで、YouTube引いては大元のグーグルのイメージと収益に関わる。だから、今の調子(罵詈雑言が飛び交う、社会的に容認されない放送)で配信していて、YouTubeのチャンネル登録したって、どうせ凍結されて、全て水の泡になる。金にならない。

と、分かっているからYouTubeで活動しない。要は迷惑配信者とかそっち系はYouTube意外のサイトでだけ通用すると分かってるから、そんな調子なわけだ。社会的に言えば、外資系企業の日本市場参入にビビる日系企業の人々と同じだろう。

中身のある放送していないから

YouTubeがそうなのかは分からないが、大元のグーグルは非常にコンテンツの価値を重要視する。コンテンツの価値ってのは何なのか?っては各々で調べてもらうとして、YouTubeのチャンネルやユーザーにとって、観て価値があるか?というのが非常に重要なわけで、なんだかんだ中身のある放送していない。

ってのを自身で活動してて分かっているから、YouTubeで活動しないのだろう。中身のない放送して低評価押されても、それがどう影響するのかまではワイは分からないが、YouTubeは他の配信サイト以上に中身の競争があるわけで、そんな中に放り込まれても自分は勝てるなんて思わないのだろう。

ファンが居ないから

YouTubeの収益化の条件として

①チャンネル登録者数1000人以下は収益化不可
②年間再生4000時間以下は収益化不可

がある。この条件をどうみるかというのは人それぞれあるが、YouTubeで稼ごうと思っても、なんだかんが自分に1000人もファン(チャンネル登録)がいない。再生時間が4000超えない。

と思っているからYouTubeで活動しない。ワイの好きなニコ生でも別にこの配信者の配信が好きって事で観ているリスナーは少ないと思っている。特に何かと燃えちゃったり、イメージの良くない配信者は。だから、ニコ生関連のTwitterのツイートで多くのリスナーはニコ生の今日の出来事をしれて、事足りてる状況になっていると思う。もし、その配信者の配信が好きなリスナーなら別にツイートに頼らず、自分で観るはずだ。これは中身のない放送に通ずる事かもしれないが、結局、Twitterのツイートで事足りことしか放送してないのだろう。

最後に

今後はYouTubeが配信の基準や配信で稼ぐ基準を構築していくと思っている。今他のサイトで人気だったり稼いだりしてるけど、何でYouTubeでパッとしないの?活動してないの?なんて思った配信者に各々心当たりがあると思う。ワイとしてはそんな配信者が「○○ その後」とか「○○ 現在 今」とかで検索されない事を祈るばかりである。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする