【可愛いおしゃれランキング】赤ちゃんの大判ジョイント・プレイマットのおすすめ2選【不要】

スポンサーリンク

CBジャパン ジョイントマット 36枚組 フチ付 ブラウン サイズ/1枚あたり 寸法/約縦32cm×横32cm×厚さ1cm
赤ちゃんが産まれてから、まず購入すべきものや使った人が本当に良かったと思うものに1つに必ず入っているのがジョイントマット・プレイマットでしょう。家の洋風化が進み、それに伴って、フローリングが登場しました。

大人であればフローリングでも問題ないですが、赤ちゃんや子供ではそうはいきません。なぜなら、転んで頭を打つとなれば、怪我になるからです。そういう生活スタイルの変化もあってか、近年フローリングの家でジョイントマットを使用している家庭が多いです。

CBジャパン ジョイントマット 厚め 13mm 9枚組 フチ付 抗菌 ブラウン
そこで、赤ちゃん向けの大判ジョイントマット・プレイマットのおすすめやランキングをいくつか挙げていきます。また、安全のためだけではない、大人のため、騒音トラブル対策としてのジョイントマットの活用方法も紹介していきます。

ジョイントマットと部屋の目安

ジョイントマットを購入するにあたって、考えるのが何畳の部屋にいくつマットが必要か?ということです。以下に1つの目安となる画像があります。

この表を参考に購入枚数を検討されると良いです。一般的な部屋は大体6畳なので、約30枚あれば部屋一杯に引き詰めることが出来ます。

ただし、実際には既に家具や家電、机やタンスが置いてあり、行動範囲は制限されているので、30枚も必要ないのかも知れません。

従って、15枚もあれば十分です。

おすすめは大判のジョイントマット





一般的なジョイントマットのサイズは30cm×30cmです。しかし、人気なジョイントマットは大判(60cm×60cm)です。

その理由はジョイントの手間や掃除・取り外しのしやすさ等があります。たしかに、30cmのジョイントマットを部屋一杯にひきつめるとなれば、時間も手間も掛かり、そのような事情から大判が人気です。所謂、大は小を兼ねるといったところでしょう。

また、厚みを気にされる方もいらっしゃるかもしれません。流通しているジョイントマットの厚さは平均1cmほどです。

ただ、厚さ2cmのものもあり、転倒時のダメージを考えたら厚ければ厚いに越したことはないですが、そうなってくれば、子供にとって段差になります。そういう点から厚ければ厚い方が良いというわけもないようです。

以上のことから、ネット・通販(アマゾン等)で買えるジョイントマットをいくつか挙げていきます。

おすすめはガレージコレクションのジョイントマット

筆者の家では別のジョイントマットを使っているのですが、友人の家でみかけたジョイントマットがあり、それがガレージコレクションのジョイントマットです。

定番・人気のジョイントマットらしく、床暖房対応かつ32枚組で非常にお得です。触った感じはクッション性が高かったです。また、掃除も水拭きでサッと終わるのが人気の理由です。加えて、カラーバリエーションも豊富でブラック・ホワイト、グリーン・ベージュ、ピンク・ベージュと合計8種類から選べます。

もし、どれが良いか分からないという人はとりあえず、これを試しに買われてみてはどうでしょうか?

また、ネット上ではタンスのゲンのジョイントマット・プレイマットも人気で圧倒的な支持があります。レビューなども高評価で、その理由として大きさを自由に変えれて、色合いも優しい、安く手軽に防音対策が出来る事が人気の理由のようです。

スポンサーリンク

フォローする