横山緑と吉高りょここの疑惑に関する・あらすじ・まとめ・概要

スポンサーリンク


横山緑と吉高りょここなる生主・配信者の話題が終息を見せません。何故それが分かるかと言えば、筆者の過去記事にも未だにアクセスが有るからです。

それにはそれ相応の理由があって、上記の関係者やそれとは無縁な視聴者の知らない所で、上記の女性配信者と関係のあったゲーム配信者のSC伊藤が話を引っ張っているからです。

さらに、横山緑もいくら関係がないと言っても、さんざん色んな女性と関係があったのはコミュニティの人間なら大体知っているわけで、信じてもらえないのです。

筆者は伊藤リスナーでもあるので、伊藤の話を信じてしまうバイアスがあるのかもしれませんが、それでも贔屓目にみても伊藤の話は邪険に扱えません。

なにせ、横山緑側の放送で女性配信者との関係が話題になる前から、SC伊藤の放送で横山緑とりょここの事を話していたからです。(2017年の9月頃から)

伊藤の言い分

2017年11月22日のSC伊藤の放送内をまとめると・・・・

  • 横山緑は前妻との婚姻中にりょここと会っており、5回中2回は大人な関係があった。
  • その後、りょここは横山緑に冷めていたようだが、今年の10月の初旬にりょここが何の気なしに横山緑にラインを送ったら、「明日会おうよ」と返事がきたとのこと。

と言った事を話していました。

吉高りょここは横山緑との関係を否定しているが、伊藤はりょここが横山緑と関係があったと話していたと放送で言っています。

また、この問題を皮切りに噂レベルであるが、りょここはSC伊藤、横山緑以外にも様々な生主とコンタクトして会っている。と噂されております。

ちなみに、この話は伊藤はこの日に限らず、10月頃からずっーーーーと言っており、正直リスナーとしては少し聞き飽きている。

伊藤の”言い分”を聞いて思ったのは、りょここさんは

とても社交性が高く、とてもコミュニケーション能力が高い、リア充なんだな。

です。なにせ、色んな配信者と交友を持とうなんてリア充の教科書みたいなものですから。

ただ、問題は異性だったということであり、その点は非常に残念ですね。しかし、その社交性やガツガツ絡んでいく人間性は、筆者も見習わければならないかもしれません。



大手配信者有名youtuberは狙われる

マトリ 厚労省麻薬取締官 (新潮新書)

こんな社交性の高い女性と話題になって、大手配信者ってアホだなーって思うかもしれません。「俺、私ならしっかりしているから、こんな手にはひっかからない」って思うかもしれませんが、配信者や生主・youtuberと貴方も含めた筆者の状況は全然違うと思ってます。特に大手・有名と言われる人々は。

リスナーなり、これからの配信者は、大手や有名な配信者に近寄って、美味しい思いをしたいわけです。

自分と大手の配信者が関係を持つことによって、”みんなの物”を”自分の物”として一人占めできる快感を得たいとか大手配信者と関係・交友を持ち、それをバラす事によって、炎上して、自分の放送も人がいっぱい来て放送が盛り上がるとか、金があることを良いことにその金を狙ってくるとか。

ともかく、その知名度や価値を狙っている人はたくさんいるわけです。

狙う側というのは、きっと大手・有名配信者に近づく時は、えげつない程の方法で近寄るのでしょう。それこそ、ハニー・トラップだってしちゃうし、海老で鯛を釣る的な意味で金銭授与だって余裕でしょう。

そして、狙っている側があの手この手で寄ってきて、誘い、引っ掛けられて、引き込まれ、引き返せず、炎上する。

「そうなってしまうリスク」は普通の生主とかリスナーの比ではなく全く違うレベルでしょう。それは上記でも記しましたが、ともかく、常に誰かが何かのために狙っているからです。

配信者が女や男、金銭関係で燃えたり、リスナーからの金銭授与で燃えるのは「わきが甘い」とか「アホ」って思うかも知れませんが、それだけではないと思ってます。

彼等(大手や有名な人)は近寄らずとも狙わている立場だとつくづく思っています。

無論、大手の生主が皆その手に引っかかっている訳ではないので、本人の無知とか罪を攻めない訳ではありません。

ですが、こうも炎上する裏には「ターゲット」されると、どれくらいこういう事から逃げ辛いのかという、特殊な事情は把握しておくべきだと思います。

狙う側はある意味、売名とか知名度とかいう観念より、大手配信者相手に商売していると個人的に考えていますし、逆に狙われる側も”ソレ”を分かって色々と利用しているのかもしれません。

最後に

きっと今後もこういう”ビジネス”は裏で行われるでしょうし、バレたりするたびに各方面から取り沙汰されるでしょう。

ただ、なんだかんだ最後に得をし勝ち続けるのは、価値の高い狙われる側だと思います。というか、それは歴史が証明しているでしょう。

それでは!