【まとめ】炎上で成長する配信者youtuber成長しない配信者youtuber【その後】

スポンサーリンク

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか~年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術~ (光文社新書)
youtubeや配信者などネット世界の話題といえば炎上です。

筆者は炎上というのは、現実世界で言う所のクレームとか苦情の嵐みたいなものだと思っています。この炎上というのは、それなりに有名なyoutuberや配信者は一度は経験しているし、誰もが一度は炎上している配信やその経緯を観ていると思います。

この炎上というのは良くないことだと思うし好きではないですが、それとは別にその配信者のキャリアや成長とかその後という観点から炎上を考えてみます。


炎上はどんなyoutuber・配信者でも成長させる

多くの炎上を観ていると、別にその時は話題を攫ったり視聴者数も増えたりとメリットだらけだと思います。いくつか炎上を観てきましたが、今となっては、何で炎上していたのか鮮明かつ事細やかに覚えてないです。

結果として、そのyoutuberや配信者の名前くらいは覚える感じでしょうし、その界隈のひな壇くらいの存在感は得られると思います。

大して芸もない話題もないネタもない人には、とっておきのツールだと思います。(それが起きたものなのか配信者が意図的に起こしたものなのかは別にして)

社会にあふれている標語とかビジネス用語的に言えば、人罪→人在くらいのレベルアップは望めるでしょう。

しかし、面白いyoutuberや配信者だったりの稼ぐ人になるには、最低限人材くらいのレベルにならなければ先がないと思います。

そう考えると人在くらいで終わっちゃうとか終わっちゃった配信者はその先がないって思いますし、キャリアやその後という面では、炎上きっかけで伸びた人在レベルの人は、今伸びてないし、話題にもならないし、面白くありません。

逆に、人材とか人財レベルの配信者は、自分で色々考えて配信するから面白いし、人を引きつけるわけで、今まで伸びてきた配信者もこれから伸びる配信者もそういう部類の配信者だと思います。

結局、炎上しても人在レベルにしか成り得なかったyoutuberや配信者をみていると、炎上芸の限界とか天井みたいのをすごく感じます。

ちなみにですが、ここでの炎上とは売名行為的な意味合いの炎上で、元々地盤がしっかりしているような配信者やyoutuberの炎上はまた別の話です。

芸能人でもポカしちゃって、その後ずっとお声がかからない人とそうではない人を考えてもらえば分かるでしょう。

とろサーモン単独ライブ「I don’t forget that day on December 6 Fuck!」(2016/7/23公演)

(写真はイメージです。本文とは関係ありません。)

炎上の成長によるデメリット

もし炎上がなくなれば、配信の世界に瞬間的な活気がなくなるでしょう。

なんだかんだ手っ取り早く人を集めるのは炎上なのは明らかです。

ただ、今の面白い配信者を観ている中で感じるのが、やはり、自力で成長した配信者の方が炎上で成長した配信者より観る側はワクワクする何かがありますし、様々な人や様々な価値観の評価があります。

最近は意図的に炎上を狙っている人もいるみたいですが、そういう配信者を観る度に物凄くせつない気持ちになります。

自分で配信を面白くしたいが、何をすべきかわからない。結果、炎上すればなんとかなるなんて考えて、過去のインパクトがあった成功経験を基に何度も炎上を狙う。

結局、その成長方法しか知らないから、その手段に頼らざるを得ない。

こういうジレンマを観る側は感じるから、芸のないyoutuberや配信者として認知され、なんだかんだとポジティブな評価を言われないのだと思います。

結局の所、炎上を良しとする配信者には、配信が終わった時に感じるのは虚無感だけで、配信後には物凄い息詰まりを感じているとワイは思っています。

また、体罰と炎上というのはその時は効果テキメンという面に置いては、凄い似ている文化と考えている筆者は、こういうのを無くすだけでも、配信者とかyoutuberの価値は評価評判は今とは違うものになると勝手にそれとな~く思っています。

それでは!