【セブンイレブンファミマローソン】コンビニで荷物を送るより安い方法知ってる?【持ち込み割引ヤマト郵便局】

スポンサーリンク

メルカリや新ラクマなどのフリマアプリの登場によって個人の荷物発送は多くなりました。

それに伴い、コンビニから荷物を送るという方も増えたと思います。

送料も馬鹿にならないもので、荷物を送る側であれば、どこかが安いのか?とか安く送りたい等々考えるでしょう。

結論から申せば、コンビニからの発送であれば、どのサイズも郵便局のサービスであるゆうパックが平均して約70円安いです。

サイズと料金 ヤマト運輸宅急便 郵便局ゆうパック 差額
60サイズ 915円 830円 85円
80サイズ 1131円 1060円 71円
100サイズ 1369円 1290円 79円
120サイズ 1585円 1540円 45円

※上記の表では大阪から東京に荷物を送ると想定した場合の金額です。

これはあらゆるサイトで紹介比較されているので、すでにご存知の方もいるでしょう。

しかし、実はヤマト運輸で荷物を発送した方が荷物が安いという方法もあり、これがあまり知られていないサービスです。

そこでここではコンビニで荷物を送るよりも安くなる方法を紹介していきます。

ちなみにですが、コンビニでメルカリの商品を送るという場合は下記の記事を参照してください。

【2020年最新】らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便どっちが安く送れる?【送料一覧】
アマゾンや楽天と対を成して、多く宅配便で運ばれているものがあります。それはフリマアプリの商品です。その代表格であるメリカリやメチャカ...



ヤマト直営店で4つの割引利用すればコンビニより安い!

ヤマト運輸は個人発送の割引サービスが郵便局や佐川急便よりも豊富です。

このサービスがあまり知られていないのですが、中の人だったり深く関わっている人であれば、知っておりそれが4つあります。

持込割


持込割は佐川急便、郵便局、ヤマト運輸全ての大手運送会社にあります。

(佐川急便・ヤマト運輸は100円引き、郵便局は120円引き)

この持込割はメジャーな割引サービスでヤマト運輸の営業所や佐川急便の営業所、郵便局に限らず、提携しているコンビニエンスストアや取扱店(例:町の米屋や酒屋等々)でも受けられます。

スポンサーリンク

フォローする