【ニュース】配信者がTVに出演出来る・出来ないの差は何なのか?【ドキュメンタリー】

スポンサーリンク

直近、配信者・生主がTVに映ったとか何とかの話題になります。

衆議院選挙期間中に外配信を行い、議員の演説を聞いているシーンや議員の近くにいた様子がTVでの報道系に使われたり、ハロウィンの街の様子を流すためのニュースの映像に出たり等です。

他方、とある配信者も過去にTVの取材を受けたことがあります。4、5年前にテレビ東京系列の番組「カンブリア宮殿」の取材を受けたのです。

取材内容は、過去に存在した生主ハウスの住人達の生活を追うという内容で取材を受けたそうです。しかし、紆余曲折あって、そのとある配信者の内容はオンエアされず、丸々カットという事になりました。

ここで、タイトルのように配信者がTVに出演出来る・出来ないの差というのを以下に考察してみます。

撮影したテープの9割以上は没になる

ドキュメンタリーや長期取材を基に作成するものでは、撮影したテープの9割以上は没になるのが常です。つまり、1時間番組(実質は50分いかない番組)を作るにも、単純に10時間以上の取材だったり、テープを回して、そこから編集して、やっとテレビに流せる内容になります。

他方、議員の演説を聞いているシーンやハロウィンの街の様子などは、ニュース系のレポートが主です。これは速さを重視するので、この映像はほぼ撮って出し(編集をする時間がないニュース系などをほぼ無編集で放送する事)になるので、カットに巻き込まれる事はほぼないわけです。

よって、TVに出たければ、速報系のニュース番組の街頭インタビューが良いだけという事になります。

最近は、話題性を重視してか、撮って出しのニュース系のインタビューに”こぞって”出る人が居ます。TVに出たとか写ったなんてなれば、それだけで話題になるのを理解した上で、”そーゆーこと”をしているのでしょう。

使う側より使われる側?

ただし、TVの効果をあまり期待しない心構えも必要だと思います。

TVも突き詰めていけば、配信同様にエンターテイメント・娯楽であり、取材した物を選ぶ基準は、ネタになるかおもしろいかどうかです。

配信者は配信では主役やメインですが、他方、TVはどうしても使われる側に回ります。

TVの影響力や宣伝媒体を当てにして、使われる側に回るのも、その個人の色々な考えがあってのことなので、他人がとやかくいう必要はないですが、TVに出ることに躍起になるくらいなら、配信を1秒でも長くしてほしいのが、観る側の心情ではないでしょうか?

というか、TVがつまらないなんて言いながら、それに出るってのは、今流行りのブーメランとかいうやつではないのかな?なんて筆者は思います。

それでは!