【レシピ】ミルクから離乳食中期・後期の赤ちゃん(7ヶ月8ヶ月)に良い悪い食材【初めて】

スポンサーリンク

和光堂 グーグーキッチン チキンと野菜のリゾット×6袋
7ヶ月8ヶ月頃になれば、離乳食に慣れ、食材のステップアップの時期です。数ある食材の中でこの時期は何を食べて良いのか?何を食べさせてはいけないのかを各食材ごとにまとめていきます。

【レシピ】ミルクから離乳食初期の赤ちゃん(5ヶ月6ヶ月)に良い食材悪い食材一覧【初めて】
離乳食を考え始めるのが赤ちゃんが5ヶ月6ヶ月間の頃です。 数ある食材の中でこの時期は何を食べて良いのか?何を食べさせてはいけないの...

ステップアップのサイン

まず、7ヶ月8ヶ月の離乳食が食べれる目安として

  1. おすわりが安定している
  2. 飲み込める・ゴックンが出来る
  3. 1日2回の離乳食が安定している
  4. 口を左右にモグモグと動かす

というのがあります。これらの発達が見られたら、食べ物を上あごに押し付けてつぶし、食べる練習を始めます。

食材のかたさは絹ごし豆腐くらいが目安です。大きさは2mm角程度から始め、8ヶ月の終わり頃には約3~4mm角にします。

赤ちゃんはベビーラックなどに座らせて、大人が食べさせるのが基本になります。この頃の離乳食は口をモグモグ動かす練習をする時期が目的となります。


いつ・何時に食べさせる?

この頃の食事は授乳タイムのうちの2回に離乳食を加えます。午前と午後に1回ずつ、毎日ほぼ決まった時間に食べされるのが理想的です。

2回の間隔は3~4時間空けます。また、消化に影響があるため、2回目の離乳食は19時よりも遅くならないようにしましょう。

適切な時間や目安が分からないという方に、タイムスケジュールを以下に記載します。

6時    授乳1回目
7時    起床
9時    昼寝
10時  離乳食1回目+授乳2回目
14時  授乳3回目
15時  昼寝
18時  離乳食2回目+授乳4回目
20時  就寝
22時  授乳5回目

次から離乳食中期・後期に食べて良い食材、ダメな食材等を挙げていきます。

スポンサーリンク

フォローする