【書評】スティーブン・ジェラード自伝君はひとりじゃない【感想】

スポンサーリンク

08/09チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグ、リヴァプールvsレアルマドリード。この試合リヴァプールはマドリード相手に4-0で勝利した。当時のマドリードは

ファンデ・ラモス監督の下、カシージャスにカンナバーロ、ペペにセルヒオ・ラモス、ガゴにスナイデル、ロッベン、イグアインにラウールという錚々たるメンバーだった。このメンバー間違いなく強いし、レアルマドリードを背負ってプレイするには恥じない面々だ。それでもリヴァプールはマドリードが理想とするフットボールをマドリード相手に展開して、完膚無きまでに叩きのめした。試合内容はどっちがマドリードなのか見間違えるくらいのものだった。

ワイはこの試合を現地・アンフィールドで見た。強豪同士の試合を生で見れたのは最高だ。しかし、一番嬉しいのはジェラードの自伝である「君はひとりじゃない スティーヴン・ジェラード自伝」の中で、ジェラードが観た中でベストかも知れないフェルナンド・トーレスの仕事を現地で見れた事だ。確かにあの時のトーレスは凄かった。また、アンフィールドのあの雰囲気を体感し、ジェラードのスーパーゴールを生でみれたのも、高い旅費のお釣りが帰ってきたような気もした。

君はひとりじゃないの始まり

最初はスアレスの移籍騒動から語られる。あの騒動ではスアレスはオーナーに腹を立て、監督やクラブ上層部に嘘をつかれたと言い、リヴァプールを去ろうとしていた。この嘘とはCLの出場権を得られなかったら、リヴァプールを出ていっても良いという内容だった。(スアレス曰く)当然、この移籍騒動のシーズンはCLの出場権を得られなかったので、出ていっても良いわけだが、12-13シーズンにリヴァプールで96試合、51点を取ったスアレスが出ていけば、クラブとしても大打撃になるので移籍を容認するわけもなく、揉めていたという具合だ。

そんな事情の中、ジェラードは”様々なジェラードとして”暗躍し、板挟みにあう。リヴァプールのキャプテンとしてのジェラードは監督やクラブの意思と選手を繋ぐ存在として現場でのトラブル解決に手を貸す。日本で言う所の中間管理職みたいなものだ。レッズ(リヴァプールサポーターの愛称)としてのジェラードはチームの翌シーズンも上位を狙うためにスアレスを引き止める。彼なしにリヴァプールが勝てないのは一目瞭然だから。

他方、選手としてのジェラードはスアレスを強くリヴァプールに引き止められない。何故なら、選手としてビッグクラブに移籍して良い金を貰い、名誉を得るという欲望も理解できるし、スアレスを残したからと言って、彼の願いでもあるCL出場を確約できないからだ。

そんなジェラードの葛藤や悩みは何も高級取りの彼にだけ起こり得る問題ではなく、普通に働いている人にも理解できるものだと思う。そういう意味ではこの移籍騒動でちょっとした親近感をジェラードに覚える人も居ると思う。

この移籍騒動の結末だが、様々な立場で動いてたジェラードは居ても立ってもいられない気持ちになり、一度3者で話しあおうとスアレスと監督に提案し、スアレスと監督とキャプテンの3者で話し合い、落とし所を見つけて何とかスアレス残留となった。

ちなみに、スアレス獲得に本気で動いていたのはこの時はアーセナルだけだった。結果論だが、スアレスの残留は大正解だった。何故なら、今バルセロナに居て大活躍している訳だから。

ジェラードのお気に入りプレイヤー

この本の中でジェラードは度々、一緒にプレーした選手の中でお気に入りの選手を4名挙げている。その4名はシャビ・アロンソ、フェルナンド・トーレス、スアレス、ルーニーだ。シャビ・アロンソと並んでプレイするのは楽しく、トーレスとスアレスとルーニーに関してはその才能に惚れ込んでいた。

何かとお騒がせなスアレスだが、本書の中でジェラードはスアレスをかなり尊敬していたし、信頼している。スアレスは噛み付いたりするが、練習や試合ではかなり貪欲で、チームの勝利や点を取ることに対して、一切手を抜かない。プライベートでも妻と子供愛し、何よりも家族を大事にしているという。

ジェラード曰く、彼を批判するのは彼の内側を知らない人だけだという。

監督達とジェラード

Mourinho ジョゼ・モウリーニョ自伝

本書ではジェラードと関わった監督の感想が所々散りばめられている。ジェラードを見出したジェラール・ウリエに関しては良いイメージを持っているし、ダルグリッシュに関しても同様だ。ファーガソンに関してはあまりいい印象を持っていないようにも思えた。

しかし、読んでいく中で何かと印象に残ったのはカペッロとベニテスとモウリーニョだ。

ジェラードにとってイングランド代表で共にしたカペッロとクラブで共に栄光を手にしたベニテスに関しては氷のようだと表現しながらも、その手腕には尊敬を抱いていた。確執があるような書き方なのだが、実際はそんな感じではなく、仕事人としての両名は好きだが、もっとクラブや代表や選手に親しみや持ってほしかったのだと思う。そういう気持ち面でジェラードに今ひとつハマらなかったのだと思う。

モウリーニョに関しては相思相愛だったように思える。モウリーニョはチェルシー、インテル、マドリーの監督に就任した際、ジェラード獲得を熱望していたし、ジェラードもあと一歩の所でアンフィールドを離れるところまでいった。ジェラードもアンフィールドにモウリーニョが来て欲しかったと語っている。結局の所、ジェラードのリヴァプール愛で移籍は叶わなかったが、モウリーニョはジェラード引退に関して会見で

「チャンピオンを称える時がやってきた。スティーブン・ジェラードを称えるときだ。彼のような相手がいるからこそ、私は今のような監督になれた。私は自分の選手と、最高の敵から学ぶからだ。

~中略~

私は彼をチェルシーに呼び寄せようとした。インテルに呼び寄せようとした。レアル・マドリーに呼び寄せようとした。だが彼は最後まで私の強烈な敵だった。ジェラードを称えたい。スタンフォード・ブリッジが同じ感情でいることを期待したい。我々には彼のような敵が必要なのだと」

スティーブン・ジェラード自伝 君はひとりじゃない P452

と言っているのが印象的だった。他にもモウリーニョのジェラードへのラブレターが粋で、ともかく、この監督の戦術やメディア対応、選手への敬意全てにおいて素晴らしいと改めて思い知らされた。

ちなみにジェラードの中で一番イメージが悪いのはスチュアート・ピアースだと思う。その理由はここでは書かない。

イスタンブールの奇跡とスリップ

ジェラードのキャリアの中で語り継がれるであろう、イスタンブールの奇跡とスリップ。この2つの出来事に関しても書かれており、本書を読む限りでは、CL決勝でミランに勝ち、ビッグイヤーを掲げた事の感想として、後半開始にフィナンと交代してディートマー・ハマンを投入して3-5-2のシステムにしたことがラファエル・ベニテスの一番の魔法だったと思う。これによって、中盤で数で優位に立ち、あの試合で輝いていたカカを抑えられて、ジェラードにピルロの弱点を突かせた事が一番のターニングポイントだったんだと思う。

リーグ優勝を逃したチェルシー戦でのスリップに関してはただのスリップであり、それが重要な場面だったという不幸だけだと思う。ただ、やはり年齢から来る疲労の回復の遅さとか疲れが取れないとかそういう面もあったと本書を読んで思った。

あのスリップ後、ジェラードは何を思い、どうしたのか?というのも書かれている。

「まぁーあれだけの失態をすればそうもしたくなるわな」

って行動をしたみたいで、そこにも何か親近感が湧いた。

その他

本書ではジェラードがクラブが獲得を狙っている選手(ウィリアンやトニ・クロース等々)にメールでアプローチしていたことや相性が悪いレフリーやアメリカ行きを決めた理由、第二のキャリアの模索や引退セレモニーでの事、選手同士で行ったドバイ旅行の事、将来有望な選手(トレント・アーノルド)などについて書かれている。


この本を読めば、日本でもプロの選手が子供達に対して「夢を持ちなさい」と言う意味がよく分かる。ジェラードも幼少期、公園で当時のスター選手になった気でフットボールをしていたという。このブログを書いている現在、リヴァプールのU-18カテゴリーの監督に就任している。

「名選手必ずしも名監督ならず」

という言葉があるが、ワイ個人としてはリヴァプールのトップチームでの監督・スティーブン・ジェラードをいつか観たいと思っている。それがいつなのかわからないし、そもそもなるのか分からないが、その時はもう一度アンフィールドに行き試合を観たい。次はコーナーキックを蹴る彼ではなく、テクニカルエリアでタクトを振る彼を観ながら、もう一度アンフィールドのあの雰囲気を味わえれば良いなあなんて思う。

スポンサーリンク

フォローする