人気の生主を作るのはいつも浮動層のリスナー

スポンサーリンク

衰退著しいニコ生でも人気の生主・面白い生主ってのはまだまだいるし、出てくると思っている。別に誰とは言わないが、1人2人は今でも視聴者数が鰻登りとか話題になる生主ってのは思いつくだろう。きっと彼ら(生主)はニコ生の衰退のダメージをほとんど受けていない。

そんな彼らは何故昔ほど勢いがないニコ生でも視聴者数が増えているのだろうか?少し思った事を書いてみる。

浮動層のリスナーが生主を押し上げる

ニコ生のリスナーは配信を周遊する事が多い。別にこれと言って誰の放送を好んで観るというわけでなく、誰々の放送が始まるまで盛り上がっている生主の放送を観るとか目ぼしい配信がないからランキングで盛り上がっている放送を観に行く等々・・。こういうリスナーを便宜上、浮動層のリスナーとする。この浮動層のリスナーは、既存の大手生主の配信とか何度も観たことある配信内容にすごく飽きている。所謂、政治の世界同様に既存の政党や政策に興味がなく、選挙離れしていった無党派層と同じだ。

政治の無党派層が支持政党がある有権者より多いように、浮動層のリスナーもファンとか囲いがいる生主よりも多いと思っている。

今でも視聴者数を増やしている生主は、既存の配信に飽きたこの浮動層のリスナーを取り込んでいるから視聴者数を増やしている。だから、そういう浮動層のリスナーとの出会う確率を上げるために、長時間配信や決まった時間の配信が人気の生主になる1つの条件なのだと思う。

きっとどの時代もこの浮動層のリスナーが人気の生主を押し上げているというのがワイの推測だ。

浮動層も2種類いる

ただ、この浮動層というリスナーは政治の無党派層同様に2種類いる。

1つは情勢や雰囲気によって投票する有権者同様に、何だか知らないけど、この放送はランキングで人もコメントも多いし盛り上がっている。ちょっと観に行くかという層。

もう1種類はランキングで盛り上がっているとか話題になっているとかそういう基準でなく純粋に自分が配信で観たいものとかいい意味で面白い配信を求めている層だ。

どっちも大まかに観れば浮動層なのだが、前者は求めているものが勢いとか盛り上がっている雰囲気なので、ほとぼりが冷めれば次に移る。後者はよほどの事がない限り配信を観るリスナーとなるし、良くも悪くも生主頼りなので、放送の主導権が生主であることが多い。

この浮動層が求める配信のその後はすごく極端で、前者のリスナーが多くいる配信は何かと話題になるが、SNSや動画で配信の内容を纏められて(ネタ扱いされる)、そっちに人が奪われたりする。他方、後者は観たリスナーがSNSや動画で面白いとか口コミをして逆にSNSから人を増やしたりする。ともかく、SNSの使われ方がかなり違うと思う。

このような推測から浮動層のリスナーの種類によって、その後の運命が違うとワイは思っている。

最後に

上記の事からワイが勝手に思っているのは、ファンとか囲いと言われるリスナーが生主の知名度を上げるというのはちょっと違うのかなと思う。生主の知名度を決めるのは、リスナーの多数である、浮動層のリスナーなのでは?と思っている。結局のところ、この浮動層のリスナー(2種類いる浮動層問わず)をどれだけ捕まえるか、又は呼び戻したり新しく取り込んだりしている生主がニコ生を大きく変えると思っている。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする