人気の中古軽バンで車中泊におすすめな車やグッズをランキング比較をしてみる

スポンサーリンク

ワイは現在、仕事でスバルのサンバーの箱バンに乗ってます。ATですが、AT POWERというモードスイッチがあります。これは簡単に言えば、坂道などで加速せず、失速するようなシーンで、1速と2速を引張り気味にシフトアップするようになり、思いっきりアクセルを踏み込まなくても、シフトチェンジせずに、回転数だけをあげてスムーズに加速できるモードです。

また、旧型のサンバーはエンジンが後方にあるMR使用だったりで他の軽バンとは少し違う、いぶし銀な所が気に入ってます。

少し話がそれましたが、軽バンというのは積載重量はどれも変らないのですが、積載面積、体積は微妙に違ってくるので、ここら辺の事情も含めた上で、人気の軽バンをランキング式で紹介します。

軽バンはOEMが主流

ナポレックス 車用トレイ 純正感覚 2段トレイ ブラック レザー調 汎用 JK-79

自動車業界には、OEMモデルいう車種が存在します。OEMとは他社ブランドの製品を製造することです。

昨今では、自動車分野をはじめ、様々な業界において拡大傾向にある業務形態です。端的に言えば、製造メーカーが他社ブランドの製品を製造するということを意味しますし、具体例を挙げれば、スズキが日産やトヨタの為に車を作るということです。

軽自動車業界ではこのOEMは特に盛んで、何故OEMモデルを作るかといえば、様々な理由がありますが、供給先の狙いとしては開発コストをかけなくても、自社ブランドの軽自動車が手に入るというメリットがあるからです。

逆に供給元は、自社で製造する軽自動車の販売ルートが増えることと、供給先からのロイヤリティ(契約料)も入るなど、お互いにメリットがあります。

むろん、軽バンもOEMの恩恵を受けております。


販売している車種とメーカー

軽バンは現在大まかに別けて、スズキのエブリィとダイハツのハイゼットカーゴとホンダのアクティバンになります。(旧型はOEM商品ではありません。あくまで新型・最新型がOEMが主流です)それを踏まえた上でOEMの軽バンも含めてまとめれば

スズキ・エブリィ=マツダ・スクラムバン 三菱・ミニキャブバン 日産・NV100クリッパー

ダイハツ・ハイゼットカーゴ=スバル・サンバー トヨタ・ピクシスバン

ホンダ・アクティバン

となります。なので、スズキのエブリィがほしいけど、値段が高いと思うなら、マツダのスクラムバンか三菱のミニキャブか日産のNV100クリッパーが安く売っていれば、それを購入しても差し障りがないと言えるでしょう。