ワイが思う軽バンでいい車。車中泊におすすめな車や比較をしてみる。

スポンサーリンク

ワイは現在、仕事柄スバルのサンバーの箱バンに乗ってます。ATですが、ATPOWERというモードスイッチがあります。これは簡単に言えば、坂道などで加速せず失速するようなシーンでこのATパワーモードにすれば、1速と2速を引張り気味にシフトアップするようになり、思いっきりアクセルを踏み込まなくてもスムーズに加速できるモードだったり、エンジンが後方にあるMR使用だったりで他の軽バンとは少し違う、いぶし銀な所が気に入ってます。

少し話がそれましたが、軽バンというのは積載重量はどれも変らないのですが、積載面積、体積は微妙に違ってくるのでここら辺の事を書いてみようと思います。

軽バンはOEMが主流

自動車業界には、OEMモデルいう車種が存在します。OEMとは他社ブランドの製品を製造することです。昨今では自動車分野をはじめ、様々な業界において拡大傾向にある業務形態です。端的に言えば、製造メーカーが他社ブランドの製品を製造するということを意味しますし、例を挙げるとスズキが日産やトヨタの為に車を作るということです。

軽自動車業界ではこのOEMは特に盛んで、何故OEMモデルを作るかというと、様々理由がありますが、供給先の狙いとしては開発コストをかけなくても、自社ブランドの軽自動車が手に入るというメリットがあるからです。

逆に供給元は、自社で製造する軽自動車の販売ルートが増えることと、供給先からのロイヤリティ(契約料)も入るなど、お互いにメリットがあります。

むろん、軽バンもOEMの恩恵を受けております。


販売している車種とメーカー

軽バンは大まかに分けてスズキのエブリィとダイハツのハイゼットカーゴとホンダのアクティバンになります。それを踏まえた上で軽バンをまとめると

スズキ・エブリィ=マツダ・スクラムバン 三菱・ミニキャブバン 日産・NV100クリッパー

ダイハツ・ハイゼットカーゴ=スバル・サンバー トヨタ・ピクシスバン

ホンダ・アクティバン

となります。なので、スズキのエブリィがほしいけど、値段が高いと思うなら、マツダのスクラムバンか三菱のミニキャブか日産のNV100クリッパーが安く売っていればそれを購入しても差し障りがそんなにないと言えるでしょう。

積載面積ランキング

1位 ハイゼットカーゴ(スバル・サンバー、トヨタ・ピクシスバン)
2位 エブリィ(マツダ・スクラムバン、三菱・ミニキャブバン、日産・NV100クリッパー)
3位 アクティバン

です。

詳しいスペックを挙げると

ハイゼットカーゴ 荷室の長さ1755mm、荷室の幅1270mm、荷室の高さ1270mm

エブリィ 荷室の長さ1670mm、荷室の幅1240mm、荷室の高さ1195mm

アクティバン 荷室の高さ1725mm、荷室の幅1240mm荷室の高さ1200mm

です。

よって、軽バンで一番荷物を載せたいとか荷台が広いのを望むならハイゼットカーゴもしくはOEMのサンバーやピクシスバンを買うことになるでしょう。


中古車人気ランキング

中古車人気ランキングで考えれば
1位 エブリィ(マツダ・スクラムバン、三菱・ミニキャブバン、日産・NV100クリッパー)
2位 ハイゼットカーゴ(スバル・サンバー、トヨタ・ピクシスバン)
3位   アクティバン
です。

実際に1位のエブリィとOEMのミニキャブバンとNV100クリッパーはよく街で見かけるし、中古車の価格でも高いです。(それだけ人気で需要があるということ)この理由としては、おそらく、修理のしやすさや燃費の良さという長所から需要が高く、それが人気及び価格に関係していると思います。

ホンダのアクティバンやダイハツからOEMを受ける以前のスバルが自社製造していたサンバーバンは作りが特殊で色々と修理に関することでエブリィに一歩リードされているのではないか?と予想します。

現状のハイゼットカーゴ及びOEMのサンバーやピクシスバンは修理や燃費はエブリィ及びそのOEM商品と遜色はないので、今後はハイゼットカーゴ及びそのOEMも人気が上がるでしょう。

車中泊にオススメのグッズ

荷室の大きさに関してはどの軽バンもそんしょくはありません。なので、車中泊をしたいという方はどの軽バンでも良いのとは思うのですが、問題はグッズです。

ここで、車中泊にオススメのグッズを紹介していきます。

Levolva<レヴォルヴァ>軽バン&軽1BOX用マットレス LVMR-4 ≪車中泊マット&車中泊ベッド&車中泊グッズ≫

Levolva<レヴォルヴァ>軽バン&軽1BOX用マットレス LVMR-4 ≪車中泊マット&車中泊ベッド&車中泊グッズ≫

定番の車中泊専用マットです。軽バン、軽1BOX用と謳っているだけあって、写真のようにサイズも問題ないですし、素材もウレタンを使っているので使用感は抜群です。また、色も高級感あふれる色なので見栄えもいいですね。

【rakuマット】 Sサイズ(汎用品/マット単品) 車中泊やオートキャンプに♪安心・高品質の日本製!

価格:8,900円
(2017/12/10 15:14時点)

こちらはLevolvaのマットより安い車中泊用マットです。Sサイズ、Mサイズ等あり、軽に限らず、SUV車向けのマットも取り揃えています。軽量で持ち運びに苦労しないとのことです。

こういうマットの一番の需要は災害の時です。ワイの知人が熊本の震災時の被害にあい、車中泊を余儀なくされたそうです。その時に軽バン等の車が荷物運搬、宿泊、小回り等々で活躍したそうです。ワイもたまーに荷室で横になり、これらと同じ様なマットを持っているのですが、あると便利です。

まとめ

以上のことから、わいはエブリィもしくはそのOEMの車種が1番良い箱バン、1BOX車ではないのだろうか?と思います。

燃費と積載面積等を総合的に考えれば、他より頭一つ抜けてると思います。それが需要と価格に反映されてますし。何より、修理のしやすさや部品の値段等も鑑みるとエブリィやそのOEMが人気なのも納得です。

あとはスズキは軽が良い、強い、人気とかいう価値観もあります。

自分は今はスバルのサンバー(旧型)に乗っていますが、軽バンを買う時、本当はエブリィが欲しかったです。ただ、値段で折り合わなかったのでサンバーにしました。

また、ワイの願望としてMRに乗りたかった、スバル車に一度乗りたかったってのもあるし、サンバーでも満足しているのでこれはこれでいいのかな?って思います。

なので、ワイの経験と市場の反応から総合するとエブリィやそのOEMが金額的に高いのあれば、少し安価であるハイゼットカーゴやそのOEMを買うのが良いと思います。

とは言っても結局、これに尽きます。

「最後は乗ってみなければ分からない」

それでは。

スポンサーリンク

フォローする