【用語隠語意味】男性側のNG行為女性の敵で嫌がる行為チクストとガシマンとは?対策や対処法や回避方法はある?【wiki風】

世の中は日々、新しい言葉や造語、隠語というのが生まれています。

それは貴方と同じく、どこかで誰かが他人と接する中で嫌な思いや良い思いをしているからです。

そして、その時思った行為や感情を誰かに知ってもらいたかったり、認知してもらいたいが故に、造語が作られていると言っても過言ではないでしょう。

特に男女関係においては日々進歩しており、この関係性は、日進月歩(たえまなく、どんどん進歩すること)の世界です。

そんな中、最近はチクストガシマンという言葉が徐々に流布し、認知され始めているようです。

これらの言葉を正しく理解し、これらの行為を避ければ、きっとあらゆる場面の男女関係に置いてトラブルなく、楽しい時間を過ごせるようになります。

そこで、ここではチクストガシマンという言葉をwiki(ウィキ)風に解説説明していきます。

合わせて読みたい人気記事

チクストとは?

「ストーカー」は何を考えているか(新潮新書)

まずは、チクストのという言葉の意味を解説していきます。

チクストは○首ストーカーの略語で女性の胸のトップの部分をしつこく攻める様が「ストーカーのようだ」との事から生まれた比較的新しい用語や隠語です。

このチクストの定義や行動として…

  1. 異常な程、トップを攻める・噛む・舐める
  2. つまむ・つねる・ねじるなどの痛みを伴う攻め方をする
  3. トップを異常な程引っ張る

というのが挙げられ、基本的にはトップに対して攻めている時間が長い、触る回数が多いなどが特徴です。

他にも押すとかはじくなどをする猛者もいるようです。


チクストの女性側の感想

チクストの女性側の感想としては

「トップに異常に執着しているのは気持ち悪い」

「必要以上にされたらもう気持ちよくないし、逆にイライラする」

「赤ちゃん?マザコン?」

「もう気持ちよくないと言っているにやってくる。会話が成立しない」

「やられすぎてトップが取れそうです」

というのが多く、ともかく不快な意見が多いです。

トップが気持ちいい箇所の女性であれば、チクストとも相性が良いのかもしれませんが、中々居ないのも実情です。

何故チクストが生まれたのか?原因は?

女性側の意見として、必要以上のトップへの攻めは気持ちよくないし、痛いというのが大半にも関わらず、何故男性はチクストへと変貌してしまったのでしょうか?

チクストという人種が生まれた要因には成人向け動画やビデオの存在が大きいようです。

上記のビデオや動画などでトップへの攻めが、女性側の演技で盛っていると認識できない男性も増えており、それを鵜呑みにして、リアル社会の彼女などの女性に対しても、チクストへと変貌してしまうようです。



また、トップは女性のシンボルで目立つ部分でもあり、かつ下の部分よりは見た目も良く、清潔です。

そういう視覚的な効果と衛生面での長所も相まってか、過激かつ、長時間攻めてしまう様です。

一方的な善意や行為でチクストを行っている場合も…

やっかいなのが善意によるチクストのトップへの攻めです。

実際、トップへの攻めは男性女性問わず、少しであれば気持ちいいものです。

「気持ちいいから、もっと攻めてあげよう」という善意が行き過ぎた結果、チクストになるという要因もあり、このお互いの認識のズレも原因にあるでしょう。

チクストの対策・回避策・予防法

チクストは、あらゆる状況下の男女間での関係で起こるものです。

それは交際関係、恋愛関係に関わらず、夜のお仕事等々です。

彼氏彼女の関係であれば、行為の最中のチクストに対して、終わった後などに色々言い合えるかもしれませんが、夜のお蝶や夜の仕事の人達は「立場」や「関係性」や「状況」などがあり、そう安々とチクストに対して、言い辛いでしょう。

そこで重要になるのが対策や回避策になります。

チクストに対して、大きく分けて交渉と行動の2つのテクニックがあります。

交渉

チクストの対策や予防法としてまず、交渉というのがあります。

具体的には…

  1. 「他の部分が感じるの」
  2. 「トップは敏感だから優しくしてね」
  3. 「胸全体が良い」
  4. 「少し痛い」

等々まずは、口頭でチクストを予防したり対策する方法があります。

具体的には、コミュニケーションで回避するといった具合でしょう。


行動

交渉が通じない行動を起こしましょう。

この場合の具体的な行動とは…

  1. とことん相手を攻める
  2. 相手に触られない様な体勢やポジションを取る
  3. ずっと手を繋いでおく・口や手をなめる
  4. 自ら相手の手を取って別の箇所に誘導する
  5. 胸全体を触って貰うようにもっていく

等々でうまく、プレイでの主導権を相手に渡さず、自分が持つようにしましょう。

チクストのまとめ

「たった3分」からの大逆転 男の「早い」は才能だった!

ここまで、チクストに関してまとめてみました。

基本的に胸というのが嫌いな男性は居ませんし、特にトップが好きな男性は多いです。

それ故に胸やその周辺に関するトラブルや悩み事はどうしても避けられないかもしれません。

したがって、いくらチクストの対策等を行っても、相手が冷静でなければ、自分の要望が通らず、自分が嫌な思いをしたり、被害に合う事もあるので、その際ははっきり強くと「辞めて!」と言ったり、最悪NGにしたりするのも頭の片隅にあってもいいでしょう。

次は「ガシマン」について解説していきます。

マジで痛い!男が無我夢中で行う「ガシマン」とは?