【ダサい嫌い?】サッカー選手のダイブやシミュレーションは悪い?【つまらないくだらない?】

スポンサーリンク

Ronaldo/ロナウド (字幕版)
フットボールの世界にはダイバーと言われる選手達がいます。ダイバーランキングなるものもあり、よく名前が上がるのがモハメド・サラーとネイマールで、もっと歴史を紐解けば、クリスティアーノ・ロナウドもロッベンもそんな風に言われていました。

何はともかれ、今はシミュレーションやダイブなどそういう文化も含めてフットボールなのでしょう。

そもそもですが、ダイブやシミュレーションは審判を欺くプレーであるため、常習的にこの行為を行うプレイヤーは「ダイバー」という悪名が付き纏い、悪いイメージを持たれるようになりますが、フットボールの世界におけるダイブやシミュレーションは本当に悪いのでしょうか?


接触に対する各国の考え方

ダイブ・シミュレーションはそんなに強くないあたりでも審判にアピールする様にこけて、審判を欺き、自チームに判定が有利に働かせるというのが一番の狙いです。

こういう行為や考え方は南米選手や南米地域に多く、上手くファールを貰って、試合を有利に進めている所は色々と勉強になる場合もあります。

基本的には、自チームが攻撃している場面で、ボールを奪われてカウンターを喰らわない為に中盤の選手が体を張ってファールをし、試合を遅らせるのと結果だけは一緒です。

カウンター阻止の場合はプロフェッショナルファールと言われるし、ダイブやシミュレーションはそうは言われません。

南米の選手の認識や文化では、試合を有利に勧める手段としてのダイブ・シミュレーションも悪くないものらしく、日本の文化に当て嵌めればずる賢いという言葉に当て嵌まるでしょう。

しかし、イングランドやドイツではそうはいきません。イングランドの場合はフットボール発祥の地という文化から、こういう非紳士的行為はかなり嫌われるし、そもそもぶつかってなんぼという認識があるので、そこで倒れるなんて、線の細い選手とかひ弱な選手と周りにアピールしているようなものです。

ドイツに至っては、当たってくる選手をはじいてこそ強い選手という認識なので、ちょっとの接触で派手に飛ぼうものなら、イングランド以上に選手としての価値を落としてしまう。

(日本だとあたりに強い選手と言えば、人がぶつかってきても倒れないという認識だが、ドイツのあたりの強い選手というのは、ぶつかってきた選手を弾き飛ばすというのが強いという認識なる。つまり、当たられて倒れないというのは普通)

スペインに関しての接触プレーの見識を知らないので予想でしか書けないが、おそらく体を当てられないというのが第一で、当たってくる選手に対して、かわすとかいなすというのが良い選手になるのだと思います。

つまり、文化的には自分達は当たりに強くないという認識からスタートしているのだと思います。

ともかく、接触に関する考え方が地域やリーグ、国によって違うのだからダイブが良い悪いの前に、選手の身体的な能力としてどうなのか?というのが前提にあるし、審判の接触に関する見解の相違もあったりで意見や考え方が統一されていないという側面もあります。

スポンサーリンク

フォローする