【ダメ人間】横山緑というキャラクターから学ぶ成長しない人の4つの特徴【真面目系クズ男】

スポンサーリンク

ニコ生というのはかなーり特殊な世界です。何故こんな放送に人がいっぱい来るの?とか何故この人が有名なの?人気なの?って人ばかりです。

結局、特殊で有名な配信者は何が面白いかと言えば、良い大人達が遅れてきた青春をネットを介して謳歌していることでしょう。

それに加えて、リアルな社会でも行われるちょっとした妬みを安全な席から蚊帳の外で観察出来ることでしょう。

具体的には、配信者達が会社の給湯室や喫煙所で会話されるような

「アイツはアイツと仲がいい、仲が悪い、好きだ嫌いだ」

みたいなポジショントークをしつつプロレスをしたり、匿名と相性の良い嫉妬や妬みで、日々の放送をこなしているだけの様子をリスナーは外野から特等席で観れるという感じです。

大人の青春
そんなニコ生の”良い大人達”の代表格である横山緑という配信者です。

彼が中々のネタに事欠かない配信者で、彼を見ている時

「あーこんなダメで残念な大人リアルでも居るなー」

なんて事を思ったので、今回はダメ人間・クズの横山緑という配信者(キャラクター)から学ぶ、4つの特徴を書いて見ようと思います。


準備をしない

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

横山緑の配信(プライベート、仕事に関わらず)を観ていると、

「準備をしていないなぁー」

なんて事を筆者は思います。

最近は自身が持っている数字を充てにされて、配信の仕事のオファーがあるみたいですが、これでも、ちっとも仕事しません。従って視聴者やコミュニティから置物なんて呼ばれてたりします。

ご自身は、

「出しゃばらない」

なんて言っているのですが、あれは

「私は何も準備しておりません」

をオブラートに包んでいる発言しているだけでしょう。

段取り八分仕事二分

ちょっと働いた事がある人間なら分かるが、仕事をする際、準備なりシミュレーションなり予想をするでしょう。

「今日は土日で来客が多いから仕込み量も増えるし、ピークタイムは忙しいから嫌」
「今日の生産予定量は多いから残業になるだろう」
「今日納期の物が多いから色々と調整しなければ」
「今日は客先で営業だ。こんな事言われるはずだからそれに対する返す刀を用意しなければ」
「今日は締め日だからバタバタする」

なんて事は、長年その仕事をやっていれば分かるはずで、皆それぞれに対策とか予想をしているでしょう。

それがストレスにもなるのですが、何かをしている人間は、そうやって失敗と経験をして何かを得て成長しているはずです。

しかし、彼にはそういう考えがないから、場の流れに任せて、結果的にてんやわんやするか置物になるだけだと思っています。

現場仕事をする人間なら分かると思いますが、仕事は「段取り八分仕事二分」です。彼を観ている時

「あーその場になってバタバタするやつってどこにもでも居るよな」

って思い、少々残念な気持ちになります。