【人気】1度はゼッタイ買うべき福岡土産お菓子は遊んで食べられるネジチョコ【通販おすすめ】

スポンサーリンク

福岡県と言えば、住みたい県ランキングで上位(2位)の都道府県(参考:Diamondonline)であり、今注目されている街です。豚骨ラーメンやモツ鍋、水炊き、福岡独自のやきとり、うどん、明太子など他県にない独自の食文化があり、旅の醍醐味の1つである食でも来る人、住む人を満足させている街です。

福岡市が地方最強の都市になった理由

そんな福岡の空の玄関口、福岡空港では、旅行や帰省、出張などの人向けの数多くの土産品があります。有名どころでは、ひよ子本舗吉野堂の銘菓・ひよこや有名ないちご・あまおうを使ったお菓子やスイーツ、博多通りもん等があります。

どれも有名でお土産としてオススメなのですが、安くてインパクトのあるチお菓子を見つけたので、紹介しています。

2年ほど前にもTwitterで話題になったのですが、その安くてインパクトのあるお菓子とはネジチョコです!このネジチョコですが、福岡の新名物のお土産、北九州のお土産・銘菓に今後なりうるかもしれませんし、バレンタインデーの義理チョコ、ホワイトデーのお返しにも注目されるかも知れません。

ネジチョコとは?


ネジチョコとは、福岡県北九州市に店を構えるグランダジュールというケーキ屋さんが製造・販売しているお菓子です。名前の通り、ネジとボルトの形状をしたチョコレートで、写真のように一袋にネジとボルトのチョコレートが一緒に梱包されています。このチョコ、回せるのです。遊べるのです。本物のネジと一緒なのです!


写真は締めている途中ですが、このあと、しっかりネジ山が見えなくなるまで締まりました。最初は「本当にしまるのか?」と半信半疑でした。そこでやってみたら、本当に締まる。締まり始めた頃には何か笑ってました。

お菓子で遊べるというのは童心をくすぐられるようで、ちょっとノスタルジックな気分に浸りました。食べる前に遊べる、食べても楽しめる。そんなお菓子がネジチョコだと思います。

テイストも2種類(定番のチョコとココア)があり、今回食べたのはココアの方ですが、美味しかったです。機会があれば定番の方も食べたいのですが、人気な為、中々入手できないのです。

このチョコを製造・販売しているのは北九州市に2店舗を構える洋菓子店GRAN DA ZUR(グラン・ダ・ジュール)で、ここから全て発送しています。

ネジチョコが誕生した経緯として、福岡県北九州市は旧国営の八幡製鉄所(現・新日鉄住金)をはじめとした鉄関連の工業で栄えた地域で、いわゆる”鉄の街”と言われており、八幡製鉄所の関連施設が世界遺産登録されたのをきっかけに、何か鉄の街を象徴するようなお土産を作りたいと考え、製造・販売を始めたとのこと。

そういう経緯もあって、袋にはでかでかと世界遺産のペイントがされています。

どこで買えるの?

このねじチョコは北九州市内であれば、小倉駅の新幹線改札口のそばにあるお土産屋、北九州空港のお土産屋、伊勢丹、井筒屋の各店舗(小倉駅内、本店、黒崎)等々で売られています。また、福岡市内でも福岡空港のお土産屋に置かれていたのを確認しています。(2018年現在、福岡空港国内線ターミナルビル2階SORAE 4番ゲート店6番ゲート店)

おそらく、博多駅構内のどこかのお店でも売られていると思いますし、このことから福岡県内の主要な空港や駅のお店のどこかで販売さていると予測します。

何度も福岡を訪れて、会社や友人に配るお土産に悩んでいる人は、”遊べて食べれる”このネジチョコは喜ばれるかもしれません。

通販やネット販売に関して

ネット販売ではGRAN DA ZURのオンラインストアで販売しているのですが、売り切れの日が多く、特にTVなどで取り上げられた時は、注文が殺到するようです。

見て楽しい、食べて嬉しいこのネジチョコは大変おすすめですし、人気でネクストブレイクの雰囲気漂うネジチョコは1度はゼッタイ買うべき福岡土産です!

【口コミ】通販で人気の強炭酸水の友桝飲料新商品あまおうサイダーが美味しい【インスタ映え】
TV番組で強炭酸水が紹介され、その知名度は一気に広がりました。 そんな折、旅行中に「おっ?!」と目を引いたサイダーを見つけました。そし...

それでは!

スポンサーリンク

フォローする