【特徴】恋愛したい・彼氏彼女が欲しい人が好かれるモテる方法の趣味・練習の配信【出会い】

スポンサーリンク

世の中にはモテたい、異性から好かれたい、彼氏彼女が欲しい人という人は星の数ほど存在します。今は現実世界の合コンやお見合いに限らず、ネット上での出会いのツールはごまんとありますし、どんなSNSも使い方1つで男女の出会いのツールへと変化します。

下手したら、今のSNSはどんな出会い系サイトやアプリよりも健全な出会いな場かも知れません。
出会い2.0 スマホ時代の「新」恋愛戦術
そんな出会いの需要が潜在的にある中で、一般的には知られていないであろう出会いのツールがあると思っており、それがyoutubeやニコニコ動画・ニコニコ生放送、ツイキャスなどに代表される動画配信・生放送です。特に若い子達にはティックトックや17LiveやSHOWROOMは馴染みがあるかも知れません。

配信・生放送と言っても、ピンッと来ない人もいるかも知れません。そんな配信・生放送とは、誰でもインターネット上で生配信を介して観る側とチャットやコメントで話したり、ゲームを実況したりするサービスです。これが中々に男女の出会いの場として側面があったり、機能していたりします。

実績はお墨付き





え?配信でモテるの?出合えるの?なんて思った方。安心してください。実績はあります。オフパコなんていう不健全な言葉があったり、配信者同士のカップルとか配信者とリスナーが付き合うとかカップルになったなんて話は腐るほどあります。

もう日々どこかで誰かが出会っていると言っても過言ではないでしょう。基本的に筆者はニコ生やyoutubeLiveをメインとしているので、そんな話は本当に多いし、他の配信サイトでも同様な話はごまんとあるでしょう。

顔出しは必須で有名で無ければ出会えない?

生き残る芸能人のすごい処世術

配信者は基本的に顔を出したり、実名を公表しているわけではありません。端的に言えば、配信上でのキャラクターとプライベートなキャラクターを別けて使っています。

従って、モテるためには、顔出しが必須とかイケメンや美女で無ければならないとか有名で多くの視聴者が居るとかで無ければ出会えないと考える人がいるかも知れませんが、そんな事はありません。

普通におっさん(30代、40代)と言われる人が若い娘と出会っている話はありますし、顔出しもしていない配信者が出会ったなんていう話もありますし、有名とは言わないけれども、無名でもない配信者が出会ったなんて話もごまんとあります。

しかし、注意しなければならないのが、配信上でのキャラクターを設定していたり、素の自分を晒す事を抑えていたり、顔出しを控えていれば、時間を費やすという事です。

ここはトレードオフの関係で顔出しをしていたり、有名であれば出会うまでの時間が短縮されるのはあるかもしれません。また、基本的にはトンデモ系の人達(生主もリスナー含めて)が多い世界なので、ここも抑えておいた方が良いかもしれません。

配信者がモテるのは何故か?

ここまで散々、テキトーな事を書いてきましたが、筆者は別に配信者がモテるなんて思いません。というのも、別の側面から考えれば、利用されていたりするのも現実です。

例えば、どうでもいいおっさんとか小汚いおっさんが女性にモテるのも、その配信者が持っているあらゆる数字が魅力で近寄ってくる事もありますし、大して可愛くもない配信者に男性リスナーが寄ってくるのもの自身の欲を手っ取り早く満たすためだと思います。

良くも悪くも普通な人であれば、実社会でモテていますし、配信者に手を出すよりは実社会で出会いを求めたほうが効率的です。

というように、結局の所、配信者がモテるのではなく、情報の発信者だからモテると思っています。

モテる・好かれる人の特徴は自分をアピールしている





これはきっと、どんな人や様々な特徴を有している人やどんな世界でも共通していることだと思いますが、モテる・好かれるには自身が持っている情報を発信する事が一番重要だと思っており、その練習方法や手段として配信を利用する、趣味とするのも良いかもしれない。という話です。

配信者に人がよってくるのも情報発信者であるが故に、人が来るわけで、そういう人を惹き付ける何かを磨く方法として配信は最適です。

モテるために何をすべきか分からない、どうすれば良いのかわからない。そんな風に悩んでいる人はPCの前でそのリハビリとか練習をしてみてはどうでしょうか?

生憎、配信者はごまんといますが、現実のライバルよりは少ないですし、配信でなら、ネットの出会いのサクラとかそーいう人達はいません。出会い系サイトを使うよりは良いでしょう。

決して、配信が良いとは思いませんが、モテる為には発信者になる。その発信者の選択肢や特徴・趣味としての配信があるのを認知しておくのも良いかもしれません。

それでは!