youtuberや配信者・動画投稿者の未来・今後・将来を独断と偏見で予想してみる

スポンサーリンク

全予測 2020年代の日本 図解・未来の年表

多くのyoutuberや配信者があまり話しませんが、内心ずっと気にしていると思われる事があり、それが未来・今後・将来です。もっと端的にいうと、配信で喰っていけるのか?という事です。

在り来りな結論から書けば、結局、配信者とか生主とかyoutuberとか世間的にセンセーショナルな言葉を使った所で、社会的なポジションや身分は自営業者なりフリーランスでしょう。

そこで配信者の今後・将来・未来を独断と偏見で予想してみました。


生配信がメインの配信者は動画投稿も始める

配信者の収益の上げ方も多種多様なので、一般的なモデルを示せませんが、雑談系配信者もゲーム配信者も生配信だけでなく、自分の配信の盛り上がった所や観て欲しい所などを編集して動画をアップロードするでしょう。(賢い人は既にしている)

動画で商品としての定番商品を置いて、視聴者の人気や興味を得て、そこから生放送(新商品)にも来てもらうっていう具合です。

儲けるという観点でいえば、「動画」で広告収入を得て、「配信」でリスナーからのチャンネル収益や有料アイテムの収益で儲けると言った感じです。

配信者として生活するには現状、視聴者・リスナーからの(直接・間接問わずの)支援なしには厳しいです。

それはニコ生のチャンネル収益だって、投げ銭サイトの収益も同様で、太客が見つかればそれでも良いでしょうが、生活・売上ということを考えたら、その収益がなくなった時=収入0だと考えるでしょう。

そこで、リスクマネジメントとして、動画に手を付けて、広告収入やスポンサー料みたいのにも活路を見出すでしょう。

○○系だけではなくなる。

テレビ局の裏側(新潮新書)
歌い手配信者とかゲーム配信者とか雑談系配信者等のジャンル分けが現状有りますが、今後はそんなのはなくなるでしょう。

日本のTV局みたいに、あれもこれも配信するというのが今後だと思います。(これもこれで良いかと言われれば別で、筆者としては海外のTVみたいに、専門チャンネルオンリーというのが理想)

タレント化・アイドル化

配信者・生主・youtuberもタレント・アイドル同様に水物なので、そうなると、ネット番組でのタレントとしての単発、レギュラー仕事も増えるでしょう。

こういう仕事で企業からも必要とされ、収入を得だすのが配信者やyoutuberの今後・未来でしょう。

流石にTVに出るとかはTV側がネットに擦り寄るとかよっぽど単価も安い上にイメージも良くて数字を見込めない限りは、声がかかる事はないでしょう。もっと言えば、事務所に所属しない限り色々と厳しいかもしれません。