まったんの復帰。何故彼女はふわっちで復帰しあれだけ稼げた?

スポンサーリンク

去る、7月22日、23日配信界にちょっとした事件が起きた。それがあのニコ生の母・まったんの配信復帰だ。

まったんって誰?って言う人は後に詳細を記載するが、凄いのが金曜の深夜に告知なしでまだ有名ではない配信サイト・ふわっちで配信をしたにも関わらず、同時閲覧は千人を突破し、高額の課金アイテムが乱れ飛ぶという結果になったという事だ。

この他にも少額のたくさんの課金アイテムが投げ込まれていたので、おおよそ、あの配信で1万5千円は稼げたということになる。課金アイテムのロイヤリティや運営の中抜きに関しては風船やハートなどは放送主の金にあまりならないが、パフェから上が大体配信者に50%行き渡ることになる。

最近までニコ生で大暴れしていた某配信者はまったんの放送でのアイテムの応酬に、さぞ嫉妬したことだろう。まぁーそれはしょうがない。この大暴れしていた生主はマネタイズが下手なのだから。いくら嫉妬したって自身のマネタイズが向上するわけでもないので、大人しく指をくわえて見るしか無い。自分の無能さと向き合うのが一番懸命だろう。

※写真はイメージです。

まったんとは

まったんは、ニコ生の元女性配信者でニコ生初期の頃に配信していた生主で、ドワンゴから「ニコ生の母」と紹介されちゃったりした生主だ。実際、ニコ生の母ってのは多くのリスナーはある程度納得していると思う。ニコ生主の横山緑と交際していた。過去まったんの放送内で当時の交際相手・横山緑を「性獣」と放送で言い、横山緑リスナーの間で話題になった。(なお、いまも性獣コメントは飛んでくる)妊娠・結婚を望むも、彼女のブログと思われるもので2度の中○を書き残していた。

年齢は現在30歳で身長は164cm。経歴は早稲田卒→NTTデータ→塾バイト→オーストラリア留学→専業主婦となっている。現在は一児の母で旦那も元旦那とは違い、人様に言えるような身分職業である。詳しくはこちら。ニコ生の母の復帰で元交際相手は色んな意味でヒヤヒヤしているだろう・・・。

ちなみに、このまったんが今の旦那と出会ったサイトは株式会社エウレカが運営する婚活サイト・pairsだ。国内で600万人が利用する恋愛・婚活マッチングサービスでは2012年11月のリリースから現在ま4700万組のマッチングが成立しているそうだ。実績もあり、Facebookを利用した婚活サイトだ。


まったん同様にガチの恋愛や婚活を望んでいるリスナーは一度は登録してみてはどうだろうか?まったんもこれで成功しているのだから、実績ありなのはお墨付きだ。

話が逸れたが、リスナーからはまったん、まみーちょ、ちょみま、ちょみーま、まみこ等々呼ばれていたが、先の放送でその名前は嫌といい新しい名前を考えていた。

何故配信界に復帰・戻ってきたのか?

ニコ生の母・まったんは放送内で復帰の理由を聞かれた時に「お小遣い稼ぎと日常に変化を欲しい」と喋っていた。これに嘘はないと思うし、欲望に素直でワイは凄く良いと思った。

ただ、もっと具体的に言うとなんだかんだ人に注目されたり、人のために何かしてあげたいという気持ちがあったのではないかと思う。結局、配信が好きなんだろうし、ちやほやされたりするのが好きなんだと思う。かつては枠開ければ、リスナーが狂喜乱舞した。あの自身の行動1つで何千もの人のリアクションが観れるってのは凄い興奮とか快楽があるのでないだろうか?いわゆる、配信の魅力ってものだろう。

あと、わいはふわっちという配信サイトの選択にマネタイズの上手さ、お金を稼ぐことの賢さを感じた。

まったんは過去ニコ生で有名だった。枠開ければ人が来る。そういう実績や経験・実力があった。しかし、ニコ生ではそういう力をお金に変えることが出来なかった。それが時が経ち、ふわっちという自身の過去の実績をお金に変えれるサイトが出来た。

このサイトで過去、自身が種を巻いて咲かせたものを刈り取れる。マネタイズできる。そういう計算もあってのふわっちの選択だと思う。この考えが本人なのか旦那なのか第三者なのかわからないが、懸命な選択をしたのは確かだと思う。

過去、知名度が有り、マネタイズしたかった生主達がこれを機に配信界に復帰するという未来もあるかもしれない。(やふみとか?)

今後も配信するの?

まったんは子供が寝ていて時間のある金土の深夜に定期的に放送すると言っていた。この発言も嘘ではないと思うし、多くのリスナーもそれを期待していると思う。

わいとしても配信界が彼女の復帰で盛り上がるなら、リスナーとして非常に嬉しい!まったん、配信頑張れ!

それではー。

スポンサーリンク

フォローする