安くて耐久性が良い防寒着としてのヤッケ

スポンサーリンク

[カジメイク] Kajimeiku Air-one快適ヤッケ 2271 メンズ 等高線 日本 4L (日本サイズ4L相当)

ワークマンなどの作業服・関連用品の専門店で多く見かける用品・作業着があり、それがヤッケです。このヤッケは中々市民権を得ていないのですが、実は使い勝手もよく、ユーティリティーも高く、コスパの良い軽い防寒着です。ワークマンなどの作業用品店で販売している物なので、どうしても外作業や現場仕事の人が使用するとかダサいというイメージがあるかもしれませんが、シンプルなデザインでちょっと着るという意味では良い防寒着です。

ヤッケとは

ヤッケとは何かと言われれば、人それぞれの解釈があるでしょうし、実際明確な定義もないでしょう。外仕事や現場仕事の人達は、中の作業着が汚れない為のウェアと言うでしょうし、ガーデニングや農作業をする人達も服が汚れないためのウェアと言うでしょう。しかし、使っている中で感じるのは、作業着を汚さないための1シーズンのウェア・防寒着というのが1番良い定義だと思います。ヤッケは着るだけで結構な保温性があり、近年では、登山などでも使用されており、山ガールと言われる人達も気付いたら着用しているのがヤッケでしょう。軽くて、保温性も高く、通気も高い。安いものでは1000円以内で買えて、運動機能性も高いのがヤッケです。

ヤッケにあるのは防水性ではなく撥水性

抜群のコスパと外仕事やアウトドアが趣味の人が愛用しているヤッケですが、しっかり雨などの対策もされています。ヤッケは、ナイロン素材のウェアで小雨くらいの雨であれば、撥水性があるので、ある程度は雨を弾き、中まで濡れるということはないのですが、大雨などには防水性がないので、一度侵食したら、そのまま中まで濡れます。

このような場合は、防水性のあるカッパを着たほうが良いでしょう。>ヤッケには撥水性があるが防水性がない。カッパには撥水性も防水性もあるが、通気性が悪く蒸れるという違いや特色は使う上で知っておいた方が良いかも知れません。

ヤッケが良い理由

AthleX(アスレエックス) レディース ウインドブレーカー 女性 マウンテンパーカー ウィメンズ ナイロンジャケット 軽量 UV対策 ウィンドブレーカー ブルゾン ランニング ジョギング (グレー, M)

ヤッケがアウトドアの趣味や外仕事で好まれる理由は大きく別けて3つあります。

まずは、軽くて保温性が高いことが挙げられます。冬場は中に着込む事が多く、あれやこれや着用すれば、結果的に重くなったり、身動きが取りづらくなります。ヤッケは軽く保温性が高いので、ヤッケを一枚羽織れば、冬でも体が動かしやすくなります。また、仕舞う際も500mlペットボトル程の大きさにまとめられるので、場所を取らない・荷物にならないというのも魅力でしょう。

次が洗濯がしやすく、乾きやすい事も良い理由です。汚れがついても、洗えば汚れが落ちますし、また、洗濯する際も普段の服などと洗えるので、手間を取りません。加えて、すぐに乾くので、翌日には着れて、何枚も持つ必要がないのも良い理由です。
ただし、ファスナーやチャックがあって他の服を痛めたり、ほつれができたりするので、洗濯する際は洗濯ネットに入れて洗濯した方が良いでしょう。また、汚れが落ちやすいという理由でお湯で洗えば、シワシワになるので、お湯で洗うのは控えるのが一般的です。むしろ、ヤッケは汚れても良いワンシーズンウェアなので、長持ちさせることを考えないのも賢明かもしれません。

次が安くてコスパが良いことが挙げられます。安いもので300円代という激安のものもありますし、上下セットでも1000円台から揃えられます。デザインや機能にもこだわりたいのであれば、そういうタイプのヤッケもありますし、ともかく、高いものから安いものまでバリエーションが豊富で、コスパが良いが好まれる理由にもなるでしょう。

最後に

ヤッケが欲しいけど、ワークマンなどには行きづらいという人もいるかもしれませんが、実際は、老若男女がワークマンなどの作業用品店などを訪れて商品を手にとっています。今はネットなどでも購入が出来るし、ネットのほうが商品が豊富かもしれませんが、一度が生で観てみるのも良いかも知れません。

ちなみに、ネットでヤッケを調べてみたら、

上記の様な激安のド定番のヤッケから

上記の様なオシャレなヤッケもあったり

スポーティーなタイプのヤッケや

女性向け・女性専用の可愛らしいレディースのヤッケもあるようです。オシャレなヤッケは流石にワークマンなどでも見掛ける事がないので、オシャレなヤッケが欲しい方は基本的にはネットで購入することになるでしょう。

ちょっと羽織るとかちょっと着るだけという簡易的な防寒着としてヤッケを一枚所持するのも賢い選択かもしれません。
それでは!

スポンサーリンク

フォローする