元欅坂46平手友梨奈の性格や生い立ちは?現在が劣化&眉毛が変でブサイク?最新の髪型はセンター分け?ボブ?水着グラビアは?

スポンサーリンク


現在は脱退していますが、人気アイドルグループ『欅坂46』のセンターポジションを務めていた、元メンバーの平手友梨奈(ひらて ゆりな)さん。

独特な雰囲気と圧倒的なダンスパフォーマンスでその存在感を見せつけていた彼女は、グループ脱退後は女優の道を歩んでいます。

2021年春に始まった『ドラゴン桜』でも重要な役を演じており、またしても注目の的となってます。

ここでは、そんな平手友梨奈さんの気になる話題についてかるーくまとめてみました。


1 最新プロフィール

名   前:平手 友梨奈(ひらて ゆりな)生年月日:2001年6月25日(現在20歳)

出 身 地 :愛知県北名古屋市

血 液 型 :O型

身  長  :163cm

職業:元アイドル・女優

所属レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ

所属事務所:Seed & Flower合同会社

経歴や生い立ちは?

平手友梨奈さんは、2015年8月中学生で当時14歳の時に、欅坂46の第一期生オーディションに合格しました。

欅坂46のオーディションを受けた動機は、実の兄からの勧めもあったのですが、同時に”自分を変えたかった“というものです。

翌年の4月にリリースされた欅坂46の最初のシングル『サイレントマジョリティー』では、センターポジションを務め、そのパフォーマンスに「あの娘は誰?」となり、人気を博しました。

1stシングル以降も確固たる地位を築きセンターとして、グループの顔となり、またリーダー的なポジションでもありました。

この時からアイドル活動のみならず、ドラマにも出演します。

2016年7月にはドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」に初出演し、それ以後、「残酷な観客達」にも出演しました。

2018年には映画『響-HIBIKI-』で主演を務め、女優として日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しお、その演技力が高く評価されました。

2020年初めに、欅坂46を脱退し、ソロシングル「ダンスの理由」をリリースしました。

そして、2021年にドラマ「ドラゴン桜」で岩崎楓役で出演しており、ドラマのキーパーソンとなる役どころを演じています。

関連記事

平手友梨奈さんの性格は?良い?悪い?


平手友梨奈さんの素の性格やテレビでは見れない裏の顔や性格が気になる方も居るでしょう。

平手友梨奈さんの性格は、欅坂46でのデビュー前は学校や外では大人しく、家では明るいという内弁慶な性格の女の子だったようです。

中学ではクラスメートに馴染めないようで、留学を考えるほど人間関係に悩んでいたと告白しています。


欅坂46デビュー後はしっかり者で努力家に!

欅坂46では、センターを務めることになってか、しっかり者になり、グループのパフォーマンスについても積極的に発言していたと言われています。

また、その責任感の強さからグループ活動中はかなりの努力家だったようです。

その努力の結果もあってか、ダンス力は多くのメンバーの中にいても群を抜いていました。

スポンサーリンク

フォローする